雛祭りと雛人形の由来、飾り方、片付け、供養

 桃の節句は、七夕や端午の節句と同じく古代中国の五節句の一つで、上巳(じょうし/じょうみ)の節句がその起源です。上巳とは3月上旬の巳の日という意味で、のちに日付が変動しないよう3月3日となり、旧暦の3月3日が桃の花が咲く季節であったことから、桃の節句と呼ばれるようになりました。

 日本においては、平安時代以前から自分の体を草木やわらでこしらえた人形で撫でて穢れを移し、川や海に流して災厄を祓う神事と、京の貴族階級の子女が天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊んだ「ひない遊び」が結びついたものが武家社会にも広がったとされます(人形を川に流す神事は、現在も「流し雛」として一部の地域で残っています)が、起源については諸説あります。しかし、江戸時代には庶民の人形遊びと節句が結び付けられ、天正年間以降行事となり発展して「雛祭り」となっていきました。

 元々は、5月5日の端午の節句とともに男女の別なく行われていましたが、江戸時代ごろから、豪華な雛人形は女子に属するものとされ、端午の節句(菖蒲の節句)は「尚武」にかけて男子の節句とされました。
Continue reading