紫外線の目への影響、目の痛みや頭痛の対策と予防策

 強い紫外線を長時間浴びると、日焼けやシミなど様々な影響が出ますが、特に注意しなければいけないのは目です。

 紫外線の80%以上は角膜で吸収、角膜を通過した紫外線のほとんどが水晶体で吸収されますが、残りの1~2%が眼の奥の網膜まで到達。次第にダメージが蓄積していきます。

スポンサードリンク

 紫外線は1年中降り注いでいますが、一番強くなるのは6~9月。また場所によっても強くなります。例えば雪山や砂浜。雪目と言う言葉があるほど砂や雪によって反射した紫外線は強く、目や肌を傷めてしまうのです。
Continue reading