こどもの日の食べ物、ちまきと柏餅の由来

 こどもの日の食べ物と言えば、ちまきと柏餅です。しかし、なぜちまきと柏餅なのでしょうか?。
 

ちまきの由来

 ちまき発祥の地は中国で、日本に伝わったのは平安時代頃と言われています。

スポンサードリンク

 紀元前340頃~前278頃、古代中国・楚の国の国王の側近に、詩人であり正義感が強く人望の厚い政治家の屈原という人物がつかえていました。
 しかし、屈原は陰謀によって失脚し、国を追われます(その時の想いを歌った長編叙事詩「離騒」は中国文学史上、不朽の名作と言われています)。失望した屈原は、汨羅という川に身を投げて自殺しました。屈原を慕う楚の国民達は、汨羅へ行くと太鼓を打ってその音で魚を追い払い、さらに魚に屈原の亡骸を食べさせないために、端午の節句の日(端午節)に笹の葉で包んだ米の飯を川に投げ入れたのが、ちまきの起源と言われています。
Continue reading

端午の節句、意味と由来

 5月5日は端午の節句です。菖蒲の節句とも呼ばれ、男子の健やかな成長を祈願し各種の行事を行う、日本人なら誰でも知る風習として定着し、国民の祝日「こどもの日」になっています。では、その由来について知っているでしょうか?
Continue reading

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります