恵方巻の食べ方、由来と具材の意味

 最近すっかり全国区となった「恵方巻」、毎年節分の時期にはスーパーやコンビニで売り出され、恵方に向かって食べる人も多いでしょう。

 

恵方巻の食べ方

 1.まず、七福神にあやかり7種類の具が入った太巻きを、縁を切らないように包丁を入れずに一本用意。
 2.次に恵方を向く(恵方とは、その年の幸福を司る歳徳神(としとくじん:年神様の別称)のいる方角のことで、その年によって違います。2015年の恵方は「西南西やや西」です)。
 3.願い事をしながら、途中言葉を発しないように、一本食べきる。

 と言う物。しかしこの習慣、ほんの20年前まで、全国的には全く知られていませんでした。一体どんな由来があり、いつ頃何をきっかけにして全国に広まったのでしょう?。
Continue reading