おせち料理の由来

今年も残す所2ヶ月を切りました。正月につきものと言えば、御節料理です。しかし、この御節料理、いつから、そして何故食べるようになったのでしょうか?。

 御節料理(おせち料理)の”おせち”とは、「御節供(おせちく、おせつく)」の略で、中国から伝わった五節供の行事に由来し、奈良時代には朝廷内で節会(せちえ)として行われていました(ただし、新年を祝う料理を食べるという習慣自体は、弥生時代からあったと言われています)。

 この五節供の”節”とは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の節目のことで、1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の上巳(じようし)、5月5日の端午(たんご)、7月7日の七夕(しちせき)、9月9日の重陽(ちようよう)の五つ。陰陽道では奇数を陽数として奇数の重なる日を縁起の良いものとする反面、陰に転じやすいとされ、邪気を払う行事が行われていたのです。1月は1日でなく7日としてありますが、1月1日の元日を別格とした、など様々な説があります。
Continue reading