夏風邪をひいたら。対処法と注意点、長引く理由

 夏の時期に流行するウイルス感染症があり、これを一般に夏かぜといいます。高温・多湿を好むのウィルスで、梅雨時から夏にかけて活動が活発化します。代表的なのがエンテロウイルス属のエコーウイルス、コクサッキーウイルスやアデノウイルスで、ヘルパンギーナや手足口病、咽頭結膜熱(プール熱)などを発症します。
Continue reading