夏風邪をひいたら。対処法と注意点、長引く理由

 夏の時期に流行するウイルス感染症があり、これを一般に夏かぜといいます。高温・多湿を好むのウィルスで、梅雨時から夏にかけて活動が活発化します。代表的なのがエンテロウイルス属のエコーウイルス、コクサッキーウイルスやアデノウイルスで、ヘルパンギーナや手足口病、咽頭結膜熱(プール熱)などを発症します。
Continue reading

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります

夏風邪の種類と症状、原因と予防

 風邪、と言えば冬と相場が決まっていますが、夏にも夏風邪というのがあります。ただ、これは夏にかかる風邪の総称で、夏風邪という病気があるわけではありません。

スポンサードリンク

 しかし、冬と夏では風邪の原因や症状などが違い、注意が必要です。
Continue reading