喪中と忌中の違いとは?。期間や過ごし方は?

 近親者が亡くなると、一定の期間故人の死を悼(いた)み、身を慎む期間があります。これは喪中(もちゅう)、忌中(きちゅう)と呼ばれますが、何故二つあるのでしょう?。

スポンサードリンク

 普段何気なく聞いている単語ですが、その期間はどれくらい続くか、この期間どう過ごせば良いのか、その中身をちゃんと知っていますか?。
Continue reading

喪中の暑中見舞い、マナーと文例

 喪中には年賀状のやりとりをしませんが、暑中見舞いはどうすれば良いのでしょう?。自分が喪中の時や相手が喪中の場合、暑中見舞いは出して良いのでしょうか?。

 答えはOKです。年賀状は新年を祝うものであるため喪中は控えますが、暑中見舞いは季節の挨拶であり、最も暑い時期に相手の健康を気遣う趣旨であるため、喪中に出すことはマナー違反ではありません。ただし、その文面については注意が必要です。
Continue reading

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります

お中元の由来、贈る時期、マナー、喪中の扱い

otyuugen
 日本では夏の時期に、商い先や世話になった人に贈り物をする「お中元」と言う習慣があります。

 最近は形骸化し、虚礼廃止の方針を掲げて遣り取りをしていない会社もありますが、お中元の習慣はまだ日本社会に根強く残っていますでの、贈る時期やマナー、喪中の扱いなどについて知っておいた方が良いでしょう。
Continue reading