糖尿病の原因、前兆

 11月14日は世界糖尿病デーです。世界的に糖尿病患者が増え続ける状況を踏まえ、国際糖尿病連合(IDF)と国際保健機関(WHO)が1991年に制定したもので、2006年には国連の公式の日になりました。毎年この日には、世界各地でブルーライトアップを灯す行事が行われています。

 

患者数

 糖尿病の患者数は、現在世界人口の5~6%となる2億4600万人に達し、年間実に380万人以上が糖尿病の引き起こす合併症などが原因で死亡しています。これは世界中で10秒に1人が糖尿病に関する病気で死んでいる計算で、エイズに匹敵する数字。しかも、糖尿病は発展途上国で患者数が確実に増加しており、2025年には患者数は2007年比64.7%増の3億8000万人に達することが予想されているのです。

 日本での患者数は、厚生労働省の「2012年国民健康・栄養調査結果」の推計によれば、糖尿病が強く疑われる成人男女が約950万人に上り、2007年に行われた前回調査から約60万人増えています。
Continue reading

脳梗塞の原因、前兆

 23日にタレントの磯野貴理子さんが体調不良を訴えて救急搬送され、脳梗塞と診断されました。

 脳梗塞は、脳の血管が詰まる病気です。血管が詰まる事で血流が止まり、数分後には酸素や栄養が届かなくなった脳細胞が壊死(体の組織や細胞が局部的に死ぬこと)し、手足のマヒや言語障害等様々な障害が起き、死に到る事もあります。
 過去にもプロ野球の東京読売巨人軍終身名誉監督の長嶋茂雄氏が脳梗塞で倒れ、右半身の麻痺などが残りました。また、サッカーの元日本代表監督イビチャ・オシム氏も代表監督就任中に脳梗塞を患い、一命を取り留めたものの退任を余儀なくされています。
Continue reading