アブラムシの駆除方法、農薬、無農薬

aburamusi
 アブラムシは体長2~4mmの害虫で、多くの植物に寄生します。
 植物の上でほとんど移動せず、集団で維管束に口針を突き刺して師管液を吸って生きていますが、それによって植物が萎れたり枯れたりすることはあまりなく、問題はアブラムシが媒介する様々なウィルス。そして分泌する甘露が「すす病」の原因となります。

スポンサードリンク

 しかも、放置していると春から夏にかけて卵胎生単為生殖により短期間で爆発的にその数を増やし、大きなコロニーを形成します。
Continue reading