赤ちゃんのしゃっくりの原因と止め方

 赤ちゃんは良くしゃっくりをします。しゃっくりは横隔膜の痙攣でおきますが、新生児はその横隔膜が未熟で、しゃっくりがおきやすいのです。

 赤ちゃんにとって、しゃっくりは成長過程の1部なので、心配する必要はありません。横隔膜の成長に伴い、しゃっくりの回数も自然に減っていきます。

スポンサードリンク

 頻繁にしゃっくりが出るので可愛そうに見えるかも知れませんが、実は殆ど苦しくなく、しゃっくりしながら笑うほどです。

 1度しゃっくりが出ると、2~3時間続く事も珍しくありませんが、余り長く続くようだとやはり気になりますね。そこで、原因と止め方をまとめてみました。
Continue reading

しゃっくりの原因と止め方

 

しゃっくりの原因

 しゃっくりは何らかの原因で横隔膜(肺の下にあり、おなかと肺をへだてている筋肉)がけいれんしておこります。
 しゃっくりは殆どの場合数分で、長くても数時間で自然に止まり、特に体に害はありません。しかし、長時間続いたり頻繁に出る場合には、睡眠障害等を引き起こすこともあります。

 横隔膜の痙攣は明確な理由がなくても発生しますが、飲食物や会話などの刺激がきっかけになることもありますし、希に横隔膜の炎症や腎臓病、脳腫瘍といった疾患によって引き起こされることもあります。
Continue reading

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります