おせち料理の意味

 前回に続いておせち料理について。

 最近では中華や洋食など、様々なおせち料理がありますが、おせち料理は元々日本の行事食で、重箱への詰め方にも決まりがあり、料理や素材もそれぞれが意味を持っています。重箱は五段(または四段)ですが、最近では三段のものも多くなっているようです。

祝い肴

(一の重)
黒豆 黒は道教において邪除けの色とされ、またマメに働けるようにとの願いが込められています。
数の子 数の子は卵の数が多く、子孫繁栄を願ったものです。
田作り イワシの幼魚の佃煮で、イワシを肥料とすると米が豊作となったのが由来。別名ごまめ(五万米)とも呼ばれ、五穀豊穣を願ったものです。
たたきごぼう ごぼうは、地中深く根を張るので、家(家族・家業など)がその土地にしっかりと根を張るように。そして、その色や形が黒い瑞鶏(豊作の象徴)に似ていることから豊作を願って食べられました。

Continue reading

おせち料理の由来

今年も残す所2ヶ月を切りました。正月につきものと言えば、御節料理です。しかし、この御節料理、いつから、そして何故食べるようになったのでしょうか?。

 御節料理(おせち料理)の”おせち”とは、「御節供(おせちく、おせつく)」の略で、中国から伝わった五節供の行事に由来し、奈良時代には朝廷内で節会(せちえ)として行われていました(ただし、新年を祝う料理を食べるという習慣自体は、弥生時代からあったと言われています)。

 この五節供の”節”とは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の節目のことで、1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の上巳(じようし)、5月5日の端午(たんご)、7月7日の七夕(しちせき)、9月9日の重陽(ちようよう)の五つ。陰陽道では奇数を陽数として奇数の重なる日を縁起の良いものとする反面、陰に転じやすいとされ、邪気を払う行事が行われていたのです。1月は1日でなく7日としてありますが、1月1日の元日を別格とした、など様々な説があります。
Continue reading