うるう秒、2015年6月30日に

 1日は24時間ですが、これが24時間1秒(または23時間59分59秒)となる事があります。これが「うるう秒」です。

 現行の協定世界時(UTC)と地球の自転のズレを調整するために追加、または削除される秒のことで、1972年以来25回実施され、全て1秒追加の調整でした。2012年7月1日に実施された際には、インターネット上で”うるう秒バグ”が発生しました。
Continue reading