おせち料理の由来

今年も残す所2ヶ月を切りました。正月につきものと言えば、御節料理です。しかし、この御節料理、いつから、そして何故食べるようになったのでしょうか?。

 御節料理(おせち料理)の”おせち”とは、「御節供(おせちく、おせつく)」の略で、中国から伝わった五節供の行事に由来し、奈良時代には朝廷内で節会(せちえ)として行われていました(ただし、新年を祝う料理を食べるという習慣自体は、弥生時代からあったと言われています)。

スポンサードリンク

 この五節供の”節”とは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の節目のことで、1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の上巳(じようし)、5月5日の端午(たんご)、7月7日の七夕(しちせき)、9月9日の重陽(ちようよう)の五つ。陰陽道では奇数を陽数として奇数の重なる日を縁起の良いものとする反面、陰に転じやすいとされ、邪気を払う行事が行われていたのです。1月は1日でなく7日としてありますが、1月1日の元日を別格とした、など様々な説があります。
Continue reading

年賀状の書き方。マナー、例文、よく使う4字熟語と2字熟語

 10月に入って、クリスマスケーキやおせち料理の予約も始まり、世間はすっかり年末モードです。年末モードと言えばもう一つ、年賀状。

 最近はコンビニ等でも様々なデザインの年賀状が販売されていますし、自宅にPCやプリンターがあって自分でオリジナルの年賀状を作る人も大勢います。専用のソフトもあって、宛先の名前と住所さえ入力すれば誰でも簡単に出来ますが、意味を知らずに使っていると思わぬ失敗をする事もあります。
Continue reading

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります

七五三、女の子はいつ?、男の子はいつ?、着物は?

 七五三と言うのは日本独特の風習です。11月に3歳~7歳の子どもを連れて神社や寺を詣でるのですが、実は七五三と言うのはそれぞれの年齢で行う同じ行事ではなく、本来別々の異なった行事なのです。

 そして、それぞれの意味によって着物にも決まりがあります。
Continue reading