地震の時、家族の連絡方法や集合場所を決めていますか?

 大震災が発生した時、電力網や通信網が寸断され、家族との連絡が取れなくなるケースが多くなります。

スポンサードリンク

 東日本大震災の時、被災地から遠く離れた東京でも交通機関が止まり、大量の帰宅難民が発生。携帯電話も繋がりにくくなり、ここでも多くの人が家族との連絡が取れなくなりました。

 そこで、もしもの時の場合に備えて、予め家族の間で連絡方法や避難場所、集合場所を決めておきましょう。
Continue reading

富士山が噴火したら

 御嶽山の噴火は4人の死亡が確認され、その他にも心肺停止状態の人が30人ほどいるようです。
 そこでちょっと心配になるのが富士山。御嶽山でこの惨事なら、富士山はどうなるのでしょうか?。

 富士山は、言わずと知れた日本最高峰の標高3776メートル、優美な風貌は諸外国でも日本の象徴として広く知られていますが、過去2000年間に少なくとも43回噴火している活火山です。最後に大きな噴火が起きたのは江戸時代中期の1707年(宝永4年)で、宝永大噴火として知られます。推定マグニチュード8.6~8.7と推定される宝永地震が起きた49日後に噴火が始まり、噴火はその後約2週間続きました。記録によると南東斜面から白い雲のようなものが湧き上がり、東斜面には高温の軽石が大量に降下し家屋を焼き田畑を埋め尽くしたと言います。更に、夕暮れには噴煙の中に火柱が見え、火山雷による稲妻が飛び交うのも目撃されています。
Continue reading

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります

火山噴火による被害、災害の色々

 岐阜と長野の県境にある御嶽山(3067メートル)が27日午前11時53分頃に噴火しました。御嶽山の噴火は2007年以来7年ぶりで、気象庁は同日噴火警戒レベルを平常の「1」から、入山を規制する「3」へと引き上げ、周辺地域に警戒を呼びかけています。

 日本は地震もそうですが火山も多い国です。火山が噴火した時の事も知っておいた方が良いでしょう。
Continue reading