朝顔の育て方、土や摘芯は?、花が咲かない時は?

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

asagao
 夏の植物と言えば朝顔。小学校の頃、夏休みの宿題に観察日記を書かされた方も多いのではないでしょうか?。

 私自身も経験がありますが、余り大きくならなかったり、花の数が少なくて子供心にガッカリしたものです。

 植物というのは何でもそうですが、ただ種を植えて水をやれば育つというものではありません。そこで、朝顔の育て方についてまとめました。

スポンサードリンク

朝顔の種まきの時期

 朝顔の種をまく時期は、大きく育てないなら、関東以西なら5月の連休明けくらい、九州南部なら4月下旬が理想的です。朝顔の発芽適温は20度以上と高いので、寒冷地では遅霜に注意して時期を決めましょう。東北、北海道なら5月下旬から6月中旬位になります。

 もし、夏休みの宿題で朝顔の観察日記が出ると判っていたら。また、自由研究で朝顔の観察をしようと思うのなら、この頃から種をまいて観察を始めるのもありです。

 大きく育てなくて良いのであれば、7月位まで種まきは出来ます。

朝顔の種まきのポイント

 

 鉢は30センチ前後の丸い鉢がお勧めです。横長のタンブラーに3つ以上植えると、真夏に水切れを起こす恐れがありますが、グリーンカーテンを作りたいならタンブラーで、花壇があるなら花壇でもいいでしょう。ただし、水切れが起きないよう、細心の注意を払う必要があります。
 

 必ずホームセンターなどで新しく購入した培養土で植え付けをしてください。昨年何かを植えた土には病原菌や虫が住んでいます。また土中の栄養も偏っていて、生育不良を起こしやすいのです。
 

種の発芽処理

 朝顔の種は皮が固いので、種を一晩水につけて吸水させるか、やすりなどで表皮に軽く傷をつけてから蒔くと芽が出やすくなります。ただし、市販の種で「発芽処理済み」と表記されていたら、この作業は必要ありません。
 

種の植え方

 種をまく時は指先で、第1関節くらいの深さの穴を開け、種のへそを下(種の丸い方を上)にして穴の中に置きます。土をかぶせて軽くならし、水をかけます。穴が深すぎたり、土を固くかぶせすぎたりすると、うまく芽が出ません。

 種は1週間程度で発芽します。もし10日以上経っても芽が出ない場合、種を掘り起こして原因を調べて植え直します。

スポンサードリンク

水と肥料の与え方

 

 土が乾いていたら、鉢底から染みだす位水をやります。土が湿っている間は水はやりません。

 梅雨明けから気温が上がり始めると、朝夕2回水やりが必要になります。ただし、真夏の気温が高い時間帯(11時から3時)に水をやると、水が熱くなって根を痛めてしまいます。この時間帯は避け、朝水やりを忘れたら夕方まで待ちましょう。
 

肥料

 沢山花を咲かせようと思ったら、緩効性固形肥料ならば1ヶ月に1回程度、液体肥料なら1週間に1回程度の頻度で肥料をあげましょう。肥料が切れると花も切れます。

 もし、ツルが伸びてこなかったら、肥料切れを起こしていることが考えられます。窒素の多い肥料を与えましょう。また、日当たりが悪いと成長が鈍くなります。

日当たり

 日光が少ないと朝顔の花つきや生育が鈍くなります。とにかく日当たりのいい所で育てましょう。半日陰では生育が鈍くなり、花も少なくなります。

花が咲かない時

 日当たりのいい所で葉やツルは茂るのに、花が咲かない場合、夜間照明などに当たっていないか確認して下さい。

 朝顔は日が短くなるとつぼみをつける性質がありますので、夜間照明を消すか、夜間照明のないところへ移動させます。

 または、リンが不足している可能性もあります。リンは開花を促す成分です。

朝顔の仕立て方

 朝顔はつる性の植物で、何かにつかまって成長します。15cm位伸びてきたら、支柱を立てて巻き付かせます。グリーンカーテンにするならネットを張って誘引しましょう。

 葉っぱが8枚~10枚になったときに、つるの先の芽を切る”摘芯”をすると、脇芽が出て生い茂ります。これを生育期間の間何度か繰り返すと大きな株となり、沢山花が咲きます。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA