意外と知らない神社の参拝作法

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

jinja
 神社というのは日本人にとって身近な物ですが、参拝する時の作法については意外と知られていません。

 神社は神道の神様を祀る祭祀施設であり、鳥居の内側は神霊が鎮まる神域。そこに入るには本来ちゃんとした作法があり、古代には近くの川で禊ぎをしてから参拝していました。そのため、神社の近くにある川には「御手洗(みたらい)川」の名がつき、今も全国にその名を持つ川が残っています。

スポンサードリンク

鳥居と参道の作法

 神社の入り口には、必ず鳥居があります。神社によって数は違いますが、一番外の鳥居から参道に入りましょう。

 鳥居をくぐる際には軽く一礼します。これを「一揖(いちゆう)」と言います。帽子を被っている場合は、脱いでから。鳥居の内側は神霊が鎮まる神域であり、参拝はそこから始まっています。

  参道は中央を歩いてはいけません 。中央は神様が通るところであり、人間は中央を避けて端を歩きます。

手水の作法

shusuisha
 鳥居をくぐると、参道の脇に写真のような手水舎があります。参拝する前に、ここで手と口を清めます。これは、かつて川で禊ぎをしていたのを簡略化したものです。

1. 右手で柄杓を取って、水を汲み、それをかけて左手を清めます。
2. 次に、左手に柄杓を持ちかえて、右手を清めます。
3. 再びひしゃくを右手に持ちかえて、左の手のひらに水を受け、その水を口にいれてすすぎます。この時、直接柄杓に口をつけてはいけません。
4. すすぎ終わったら、水をもう一度左手にかけて清めます。
5. 使った柄杓を立てて、柄の部分に水を伝わらせるようにして清め、柄杓を元の位置に戻します。

 以下の動画も参考にして下さい。

スポンサードリンク

参拝の作法

一般に行われるのは、社頭にて行う略式の参拝で、作法は以下の通りです。

1. 拝殿の前で一揖します。
2. お賽銭を入れます。投げ入れたりせず、静かに入れます。
3. 鈴があったら鳴らします。神様に自分が来たことをこれで知らせるのと、場を音霊で清めるお祓いの意味があります。
4. 神前に二度礼をしてから二度かしわ手を打ち、最後に一度礼をします。これは二礼二拍手一礼、または二拝二拍手一拝といいます。
出雲大社や宇佐八幡では二拍手ではなく四拍手で行うなど、寺社によっては上記と異なる参拝方法の場合がありますが、その場合は大抵その旨の表示があります。
また、賽銭と鈴の順番は逆の説明もあります。

正式参拝の作法

 正式参拝とは、拝殿に上がって行う昇殿参拝の事です。祈願者が拝殿にあがり、神職の神事を受けながら、正式に参拝します。通常は社務所か祭儀所などにご祈祷やお祓い、祝詞奏上(祝詞を上げてもらう)の申し込みをした後、拝殿に上がり、神職による修祓、祝詞奏上の後、神前に玉串を捧げて拝礼します。

1. 昇殿して所定の位置につきます。
2. 神職が祓詞を唱えますので、その際深く平伏します。
3. 神職が神前に向かって一拝するのので、それにあわせて一礼する。
4. 神職が祝詞を奏上しますので、その間、深く平伏します。
5. 玉串拝礼を行います。
6. 二拝二拍手一拝を行います。
7. 神職一拝にあわせて一礼します。
神社や祈祷内容によっては作法が異なります。祝詞の後巫女さんの神楽があったり、献饌(神前に供え物をする)を行い、最後に直会と言って神前にささげた神酒・神饌(しんせん)をおろして行う宴会が行われることもあります。神主の指示に従って下さい。
神社関連記事
神宮、大社、神社の違いと意味とは?
東京五社とは
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA