お中元の送り状とお礼状、マナーと書き方、文例

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 お世話になっている方への感謝の気持ちを込めて贈るお中元。ただ品物を送るだけ、と言うのはマナーとして良くありません。

 最近は電話やメールで済ますことも多くなってきました。親しい友人であればそれでも構いませんが、贈る前には送り状、受け取ったらお礼状を出すのが正しいマナーです。

 と言う事で、今回は「お中元」の送り状・お礼状をまとめてみました。

スポンサードリンク

 

お中元の送り状、マナーと書き方

 送り状は品物よりも2~3日前に届くように送ります。

 基本パターンは、

 1.前文・時候の挨拶
 2.普段お世話になっていることへの感謝の気持ち
 3.どこから何を贈ったか、を含めたお中元を贈ったことの報告
 4.末文・結びの言葉

 となりますが、親しい相手に贈る場合、改まった相手、ビジネスとで中身が違ってきます。季節もあって、時候の挨拶と結びの言葉は暑中見舞いと殆ど同じです(詳しくは暑中見舞いを出す時期と書き方、文例で)。

 親しい相手の文例

○○様
厳しい暑さが続いておりますが、お変わりございませんか。
久しくご無沙汰いたしまして、誠に申し訳ございません。
本日は、お詫びかたがたお中元のしるしに、○○デパートより、○○をお送りいたしました。お口に合うかは分かりませんが、ご賞味いただければ幸いです。
猛暑が続きますが、夏バテなどされませんように。
まずは書中にて、ご挨拶まで。

○○(署名)
平成○年○月○日

 改まった相手の文例
拝啓 暑さ厳しき折、皆様ますますご健勝のことと存じ上げます。
平素は、一方ならぬご愛顧にあずかり心よりお礼申し上げます。
つきましては、お中元のしるしまでに、本日、○○を別便にてお送りいたしました。ささやかな品ではございますが、何卒ご笑納くださいますようお願い申し上げます。
暑さ厳しき折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。
本来ならば、直接お伺いしてご挨拶申し上げるべきところ、誠に失礼とは存じますが、略儀ながら書中にて、お中元のご挨拶を申し上げます。

敬具
平成○年○月○日

 ビジネス相手の文例

謹啓 貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
つきましては、日頃の多大なるご厚情ご鞭撻への感謝のしるしといたしまして、心ばかりのお中元の品を別便にてお送りいたしました。ご受納下さいますれば幸いに存じます。 貴社の更なるご発展ご繁栄を心よりお祈り申し上げますとともに、今後とも、引き続きご支援ご厚情を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
略儀ながら、書中をもちましてお中元のご挨拶を申し上げます。

謹白
平成○年○月○日


スポンサードリンク

 

お中元のお礼状、マナーと書き方

 お中元を受け取ったら、届いたその日のうちに、遅くとも3日以内には出すようにしましょう。「厚意を受けたらすぐに」が、お礼状の原則です。

 基本パターンは、

 1.前文・時候のあいさつ
 2.品物が届いたことの報告とお礼
 3.いただいた品への具体的な感謝や感想
 4.末文・結びの言葉

 となります。こちらも親しい相手に贈る場合、改まった相手、ビジネスとで中身が違ってきます。

 親しい相手の文例

暑い日が続いていますが、○○様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで私たちはいたって元気に過ごしております。
さて、本日はお心のこもったお品を頂き、本当にありがとうございました。いつもながら細やかなお心づかいに恐縮するばかりです。
暑さはまだまだ続くようです。皆様どうぞご自愛ください。
まずは、お礼まで。

○○(署名)
平成○年○月○日

 改まった相手の文例

拝啓 盛夏の候、皆様にはご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のお引立をいただき厚くお礼申し上げます。

さて、このたびは、結構なお中元(お歳暮)の品をいただき、まことにありがとうございました。
いつもご丁寧なお心遣いを賜り恐縮に存じます。
暑さ厳しくなります折、ご健勝のほどお祈り申し上げます。
まずはお礼まで。

○○(署名)
平成○年○月○日

 ビジネス相手の文例

盛夏の候、貴社いよいよご盛栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のお引き立てを賜り有り難く厚く御礼申し上げます。
さて、このたびは、結構なお品をご恵贈いただきまして、誠とにありがとうございました。
弊社は皆様のご厚志にお応えすべく、社業に全力を注いでまいりますので、 今後共なお一層お引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

末筆ではありますが、貴社のご発展と皆様のご活躍をお祈りし、略儀ながら書中をもちましてお礼申し上げます 。

敬具
平成○年○月○日

お中元関連記事
お中元の由来、贈る時期、マナー、喪中の扱い

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA