結婚式の靴選びの基本とマナー

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

st_chip
 結婚式のゲストに招かれた時、服装の選択で、特に男性はスーツやネクタイに気を取られて、靴が疎かになりがちです。

 友人同士でスーツの色やネクタイの種類を確認、これで大丈夫と思ったら、靴のことを忘れていた、なんてことは無いでしょうか?。

 勿論靴選びの重要性は女性も同じ。おしゃれは足元から、ですし、マナーを知らずに靴を選べば恥ずかしい思いをする事になります。今回は結婚式に呼ばれた時の靴の選び方をまとめました。

スポンサードリンク

結婚式の靴選び、男性編

ストレートチップ: フォーマルで履く靴の基本です。横一文字の縫い目が入った仕様で、礼装用の靴です。メダリオン(穴飾り)の無いタイプが冠婚葬祭にふさわしいとされています。
ストレートチップ
 
プレーントゥ: 接合部や縫い目などがない、一枚皮で作られたもの。つま先に飾りのないシンプルなタイプで、ストレートチップの次にフォーマルと言われています。
プレーントゥ
 

 いずれも、黒、紐靴、内羽根式、メダリオン(穴飾り)なしが基本です。


スポンサードリンク

内羽根式と外羽根式の違い

 革靴には、ヒモを通す部分が甲の下(内側)内側にある「内羽根式」と、ヒモを通す部分が甲の上(外側)にある「外羽根式」の2種類あります。フォーマルな場面では内羽根式を選びましょう。

 下の写真の左側が外羽根式右側が内羽根式です。
外羽根式と内羽根式

注意
靴底はゴムではなく革のものを選びましょう。外から見てゴムに見えなければ、それでも構いません。
クロコダイルの型押しなどは、例えイミテーション物でも厳禁です。動物を連想させるものは「殺生」に通じ、結婚式で身に付けるのはマナー違反です。
例え革製の紐靴であっても、スニーカーはいけません。
ブーツ丈のシューズも、例え短い丈のブーツであっても結婚式にはふさわしくありません。
当日はしっかり磨くことを忘れずに。
 基本のカラーは黒ですが、参加者の層によっては、ブラウン系の上品な革靴でも問題ない場合があります。ただし、スピーチを行う場合、親族の結婚式の場合などは黒の方が無難です。また、平服の指定があった場合は黒でなくとも問題ありません。

結婚式の靴選び、女性編

パンプス: 基本はつま先の出ないパンプスです。「露出の多い」靴や服装はフォーマルな場ではマナー違反です。
注意
「つま先が出る」のは「妻が先に出る」に通じるものとして、結婚式では不吉とされます。
バイカラー(2色の配色)の靴は、2色に分かれている事が「別れ」を連想させるため、結婚式ではNGです。
動物柄の靴は「殺生」を連想させるため、たとえイミテーションであったとしてもNGです。
ゴム素材のものは避け、革製のものを選びましょう。
ブーツはロングもショートもフォーマルな場にはふさわしくありません。
 もう一つ、女性の場合はストッキングも忘れてはいけません。例え夏の結婚式でも暑くても、生足で出席するのはよくありません。正装する場合はきちんとストッキングを履くのがマナーとなりますので、必ず着けるようにしましょう。ただし、黒のストッキングはは喪服を連想させますので避けましょう。
結婚式関連記事
結婚式の服装、男性は何を着ていく?
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA