結婚式の服装、男性は何を着ていく?

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

hirouen
 結婚披露宴に呼ばれたら、何を着ていけばいいでしょう?。

 年代や、新郎新婦との関係によっても違いがあり、これを着ていけば良いとは一概には言えません。そこで、結婚披露宴に参列する男性の服装マナーについてまとめました。

 一番基本的な事ですが、主役はあくまで新郎新婦。主役より目立ってはいけません。参列するゲストは、新郎新婦よりも控えめな服装であることが大前提です。

スポンサードリンク

 まず、礼服には正礼装、準礼装、略礼装があり、一般に結婚式で使われる男性の礼服は以下のような物があります。

正礼装: 燕尾服、タキシード、紋付羽織袴
準礼装: ファンシータキシード・スーツ、ディレクターズスーツ
略礼装: ブラックスーツ 、ダークスーツ
 正礼装でも、燕尾服は新郎が着ることが多く、その場合媒酌人や父親、親族はモーニング(午前中)かタキシードとなります。
 

結婚式の服装、親族の場合

 親族として結婚式に参列する場合、ゲストではなく「ゲストを迎える側」になります。
 そして、主役である新郎新婦、媒酌人、両親よりも格を控え目にした服装を選びます。新郎新婦が正礼装なら準礼装以下、新郎新婦が準礼装なら略礼装以下で。
 

スポンサードリンク

結婚式の主賓の服装

 新郎新婦の上司で要職にあり、当日は主賓として出席する場合、正装で。
 

上司や先輩の結婚式に出席する時の服装

 上司や先輩の結婚式や、地方の結婚式に出席する時は、略礼装のブラックスーツが無難です。
 

友人・知人・同僚の結婚式に出席する時の服装

 友人・知人・同僚の結婚披露宴に呼ばれた場合、ブラックスーツか、グレーや紺のダークスーツのシックな色合いで格式にあわせた礼服が基本です。
 

夫婦で出席する時の服装

 特別な決まりはありませんが、2人の格を合わせる事が大切です。一方が正礼装で、もう一方が略礼装だったりしてはいけません。

 スーツにはシングルとダブルがありますが、20~30代はシングル、40代以降になるとダブルを着る割合が増えてきます。自分の年齢に応じて選びましょう。勿論、40代以降でシングルを着ていても何の問題もありません。
 

結婚式の服装、シャツとネクタイ

 フォーマルの基本は白いシャツ、白か銀のネクタイです。仲間内のカジュアル度の高い披露宴であれば、カラーシャツやストライプシャツも許容されます。要は披露宴の参加者の層に合わせることです。
 

結婚式の服装と髪型

 これも披露宴の参加者の層次第となりますが、一般に、余り個性的な髪型はNGです。

結婚式関連記事
結婚式の靴選びの基本とマナー
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA