七夕の由来、七夕飾りの意味と作り方

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

tanabata
 七夕は「たなばた」または「しちせき」とも読み、一年間の重要な節句をあらわす五節句のひとつで、その起源は中国にあります。

 日本に伝わったのは奈良時代と言われ、もともと日本の神事であった「棚機(たなばた)」と、中国から伝わった乞巧奠(きこうでん)と、同じく中国から伝わった織女と牽牛の伝説(織り姫と彦星の伝説)が合わさったのが現在の七夕です。

スポンサードリンク

 乞巧奠とは7月7日の夜、織女星にはた織りや裁縫の技術の上達を願う祭りで、庭先の祭壇に針などをそなえて星に祈りを捧げるものでした。

 棚機は古い日本の禊ぎ行事で、乙女が着物を織って棚にそなえ、神さまを迎えて秋の豊作を祈ったり人々のけがれをはらうというものでした。精霊棚とその幡を安置するのが7日の夕方であることから、7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と発音するようになったと言われています。

 長く宮中行事として受け継がれてきた七夕が、庶民の間にも広がったのは五節句が定められた江戸時代。野菜や果物をそなえ、五つの色の短冊に色々な願い事を書いて笹竹につるし、星に祈るお祭りになっていきました。

 七夕と言えば、笹に願い事を書いた短冊や、様々な飾りを飾り付けます。これらの短冊や飾りにも由来や意味があります。

七夕飾りの種類と意味、作り方

 

スポンサードリンク

短冊

 日本に伝わった当初は、元々は乞巧奠の影響で、五色の糸を星にお供えしていました。これが歌にも登場する「五色の短冊」の起源で、五色は五行説にあてはめた、緑・紅・黄・白・黒です。短冊などを飾る習慣は、庶民の間に広がった江戸時代以降と言われています。ちなみに五色は五つの徳に対応しており、青は仁、赤は礼、黄は信、白は義、黒は智を表します。黒の代わりに、「最上色」である紫が使われることもあります。
 

紙衣

 「かみころも」、又は「かみごろも」、「かみこ」と呼ばれる着物の形をした飾りです。棚機津女が織り神にささげた衣(神衣)を現し、女の子の裁縫や機織の上達を願うものです。

 

巾着

 金運に恵まれることや、商売繁盛を願う物です。

 

投網・網飾り・ねじり網

 漁で使う魚を取る網を模した飾りで、複数の呼び名があります。大漁祈願や、幸せを絡め取ると言う意味があります。

 

吹流し

 ふきながし、と読みます。五色の織り糸を模したもので、織姫の織り糸を象徴しています。機織や技芸の上達を願うものです。

 

折鶴

 家族の健康と長寿、家内安全を願う物です。

 

屑籠

 整理、整頓、倹約と清潔を大切にする心

 こうして飾られた七夕飾りは7月8日に川や海に流し、「七夕流し」の習慣となりました。ただ、最近の飾りはビニールやプラスチックが使われることも多く、川や海に流すことが禁止される事が多くなっています。
七夕関連記事
日本三大七夕祭りとは?
七夕の食べ物は、そうめんだと知っていましたか?
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA