熱中症の予防対策

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 熱中症の原因は高温や多湿、また激しい運動などによって体温が上がりすぎることです。最悪の場合死に至る事もありますが、対策さえとっておけば予防することは難しくありません。

スポンサードリンク

熱中症の予防

 1.気温と湿度
 気温と湿度をチェックしましょう。今自分がいる場所、これから出かけていく場所の天気予報をチェックし、1日の気温や湿度を予め知っておくことが必要です。それによってとるべき対策が違ってきます。

 2.水分補給
 外出する時は飲み物を持ち歩き、こまめに水分補給をしましょう。一度に大量に飲むのではなく、少しづつ補給することが大切です。一度に大量の水分を補給すると、水中毒を起こすこともあります。

 その際、お茶やコーヒー、アルコールなどは利尿作用があるため、尿の量が増えて逆に体内の水分を排出してしまいますので、水分補給には不向きです。

 3.塩分補給
 塩分の補給も必要です。通常は、毎日の食事で程よく補給していれば十分ですが、大量に汗をかいた場合は、食事以外でも随時塩分の補給をしましょう。塩分が不足した状態で水分だけを補給すると、体内のミネラルバランスが崩れて筋肉の痙攣などを起こします。

 注意
 医師から水分や塩分の制限を受けている場合、事前に医師に相談しておきましょう。

 なお、スポーツドリンクは塩分や糖分を同時に補給できますが、スポーツドリンクには意外と多くの糖分が含まれています。運動をしていれば糖分が消費されますので、スポーツドリンクでもいいのですが、余り運動をしていない状態でスポーツドリンクを多量に摂取した場合、ペットボトル症候群を起こすことがあります(ペットボトル症候群については、こちらの記事で)。
 ・激しい運動をした時はスポーツドリンク
 ・運動をせず、暑さで汗をかいただけの時は水分+塩分の補給
 と覚えておきましょう。

スポンサードリンク

 4.衣類
 衣類を工夫し、体温が上がらないようにします。通気性のよい生地を選んだり、下着には吸水性や速乾性にすぐれた素材を選ぶのがコツです。また、帽子や日傘で直射日光を避けるのも有効です。

 5.休息
 休息を適度にとります。暑さや日光に長時間さらされる環境で活動する場合、こまめに休息をとり、無理をしないことが大切です。

 6.冷却グッズ
 スカーフや冷却シートなど、冷却グッズを上手く使いましょう。

 7.冷房
 室内にいる時は、クーラーや扇風機などの冷房機器を使用しましょう。節電のために使用を控えるのは危険です、気温が高い時は冷房機器を使って下さい。

 ただし、冷房の温度が低すぎると冷房病と呼ばれる症状を起こす事があります。外気との温度差は5℃以内を目安に、最低でも28℃にしましょう。冷房病について詳しくは「冷房病の症状と原因、対策」をご覧下さい。

 8.食事
 熱中症は体調にも左右されます。特に食事は重要。夏場は暑さで食欲が落ち、冷たい物やあっさりした物ばかり食べがちですが、これは夏バテの原因にもなります。

 夏バテ予防に必要なのは、糖分をエネルギーに変えるために必要なビタミンB1。汗で失われやすいカリウム。疲労回復に効くクエン酸。抗酸化成分のビタミンCやポリフェノール。その他良質なタンパク質とミネラル類を含む物です。

 これらの成分を多く含むお勧めの食べ物は、

豚肉: タンパク質とビタミンB1
梅干し: クエン酸と塩分、カリウム
レモン: クエン酸とビタミンC
スイカ: 水分とナトリウム、カリウム、マグネシウム、ポリフェノール
じゃがいも: カリウム
 等です。
熱中症関連記事
ペットボトル症候群とは、症状と対策
熱中症になったら?。原因と症状、応急措置
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA