富士山、登山初心者にお勧めのルート

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

hujisan
 富士山の山頂を目指すには、4つの登山口から5つのルートがあります。ルートごとに登山口の標高や登山道の距離は異なり、それぞれ特色がありますので、自分の体力や目的に合わせてルートを選ぶ必要があります。

スポンサードリンク

 登山口と言うのは、山の麓と言うことではありません。バス停や駐車場などの舗装された部分から、舗装されていない地面への入り口です。富士山の場合、5合目まで道路が通っており、5合目が登山口と言うことになります。

登山口 ルート
富士スバルライン五合目 吉田ルート
須走口五合目 須走ルート
御殿場口新五合目 御殿場ルート
富士宮口五合目 富士宮ルート
プリンスルート

 これが富士山の登山口と、それぞれのルートで、ルートを選べば登山口も自動的に決まります(逆もまた同じ)。

 この4つのルートで、 初心者向けは「吉田ルート」 です。施設が最も充実しており、一番人気の高いルートで、毎年富士山頂を目指す登山者の約6割がこのコースを選んでいます。以下にルート毎の所要時間と施設の数をまとめました。

  吉田 須走 御殿場 富士宮 プリンス
距離(登山道) 6.3km 7.7km 10.5km 4.3km
所要時間(登り) 約6時間 約7時間 約8時間半 約5時間半 約6時間
所要時間(下り) 約3時間半 約3時間 約3時間半 約3時間半 約3時間
山小屋 16軒 9軒 5軒 7軒
救護所 2カ所 1カ所

データは昭文社の山と高原地図「富士山 御坂・愛鷹」や、登山道に設置されている看板などを元にしています。
*プリンスルートは途中から御殿場ルートと合流します。また、プリンスルートの距離についてはデータがありませんでした。

スポンサードリンク

 吉田ルートが山小屋16件(主要人数3320人)と救護所2カ所と、共に他のルートと比べて最多です。富士宮ルートは吉田ルートに次いで施設の数が多く、距離は一番短いのですが、他のルートと比べて傾斜がきつく、必ずしも初心者向きとは言えません。
 

富士山の山開き

 基本的な事ですが、富士山は1年中登山が出来るわけではありません。登山期間は

 ・山梨県側(吉田口) 7/1~9/14
 ・静岡県側(富士宮口・須走口) 7/10~9/10

 と、なっています。吉田ルートは7/1から9/14まで。期間中、特に初心者の方は梅雨が明けてから登るようにしましょう。また、週末やお盆は混雑しますので、平日がお勧めです。
 

富士スバルライン五合目への電車とバスのアクセス

 富士スバルライン五合目の最寄り駅は富士山駅と河口湖駅で、両駅から登山バスが出ています。また、新宿駅、横浜駅、羽田空港、静岡駅、センター北駅、たまプラーザ駅からは富士スバルライン五合目行きの直通バスがあります。

 

富士スバルライン五合目登山口への車でのアクセス

 アクセス道路は富士スバルライン。通行料は有料ですが、5合目駐車場は無料です。収容台数は330台+沿道500台。

 

富士スバルラインのマイカー規制

 富士山には、最も混雑する夏季登山シーズンの7月~8月に、マイカーで5合目まで行く事を規制するマイカー規制が行われます。この間は麓の駐車場に車を止め、シャトルバスで5合目へ行くことになります。

富士スバルラインのマイカー規制は例年7月10日から8月31日まで。ただし、バス(乗車定員11人以上のマイクロバスを含む)、ハイヤー、タクシー、軽車両(原動機付きのものは規制の対象となります)、指定車、許可車、身体障害者等乗車車両は通行出来ます。

 マイカー規制時の駐車場は、 東富士五湖道路の富士吉田IC東側にある山梨県立富士北麓駐車場 で、駐車料金は車両1台1回に付き1000円。マイカー規制期間中は24時間利用できます。
 

富士スバルライン・シャトルバス

 運賃:片道1420円 / 往復1860円(子供半額)
 所要時間:登り45分、下り35分
 登の始発は5:30、最終は22:00。下りの始発は06:20、最終は23:00。それぞれ30分おきに運行しています。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA