厄年とは?、女性の年齢、男性の年齢

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 厄年(やくどし)は、厄災が多く降りかかるとされる年齢のことで、平安時代にはすでに存在していました。しかし、その根拠も起源もハッキリとしません。一説によれば陰陽道がその起源だとも言われますが、定かではありません。にもかかわらず、長い間日本で根強く信じられています。

 一般的に、男性と女性の厄年は異なります。

スポンサードリンク

厄年、女性の年齢

 前厄   本厄   後厄 
18歳 19歳 20歳
32歳 33歳 34歳
36歳 37歳 38歳

厄年、男性の年齢

 前厄   本厄   後厄 
24歳 25歳 26歳
41歳 42歳 43歳
60歳 61歳 62歳
 

 年齢は誕生日で区切りを付ける満年齢ではなく、お正月の1月1日で区切りを付ける数え年で、 特に男性の42歳と女性の33歳は大厄と呼ばれ 、凶事や災難に遭うと言われています。そのため、厄年には厄祓いを行います。

厄祓い、厄払い、厄除け、厄落とし

 厄祓は、厄払いの字を当てることもあり、厄を避ける方法によっては厄除け(やくよけ)、または厄落とし(やくおとし)とも呼ばれます。

 一般にお寺で伊藤を受けるのを厄除け、神社でお祓いを受けるのを厄祓いと呼ぶようです。また、厄除けとなるものを身に付けるという方法もあり、厄年の人に厄除けとなるものを贈るという風習もあります。

スポンサードリンク

厄払い、厄除けを行う時期は?

 厄年は数え年なので、1月1日から厄に入ることになります。そのため、初詣のついでに厄除け・厄払いの祈祷を受ける人が多いようです。また、鬼を払う(=厄を払う)という意味をかけて節分に受ける人もいます。つまり、いつやらなければいけない、と言う厳格な決まりはなく、お寺や神社も都合がつけば何時でも厄払いを受け付けてくれます。

厄年の女性への贈り物

 厄年の人には厄除けの意味を込めて「長いもの」「七色のもの」「うろこ模様のもの」をプレゼントすると良いと言われています。厄除けのお守りですから、日常身につける物であることが望ましく、昔は腰紐や帯などが贈られていたそうです。現代では女性への贈り物にはスカーフやマフラー、財布、ネックレス、ブレスレッドがよく選ばれ、水晶や真珠を使った物が人気です。

厄年の男性への贈り物

 男性にはネクタイやマフラー、ベルト、財布、キーケースが多いようです。
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA