食中毒の種類と原因、発生する季節

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

shokutyuudoku
 食中毒とは、有害・有毒な細菌やウィルス、化学物質等毒素を含む飲食物を食べる事によって起こる下痢や嘔吐や腹痛、発熱などの疾病(中毒)の総称で、時には命にもかかわる恐ろしい病気です。

 しかし、一口に食中毒と言っても幾つか種類があり、原因も一つではありません。流行する時期や症状、発症するまでに時間も、その原因によって様々です。

スポンサードリンク

食中毒の種類

 食中毒はその原因によって

 1.細菌性食中毒
 2.ウイルス性食中毒
 3.化学性食中毒
 4.自然毒食中毒
 5.その他

 に大別されます。

食中毒の原因

 

細菌性食中毒

 その名から判る通り細菌が原因ですが、毒素型と感染型、中間型の3つに分かれます。

 毒素型は、原因となる細菌が食品中で増殖する際に産生する毒素が食中毒の原因となります。この場合、細菌が増殖して毒素が産生された後に殺菌・除菌しても、毒素が残っていれば食中毒が発生します。そのため抗生物質は効きません。ただ、毒素が熱分解に弱い場合には加熱により予防出来ます。

 代表的なのは黄色ブドウ球菌やボツリヌス菌です。

 感染型は、感染により体内増殖した細菌が病原性をもつことにより発症するタイプです。

 代表的なものは腸炎ビブリオ、サルモネラ属菌、カンピロバクター、病原性大腸菌、リステア属菌等。テレビなどで度々報道されるO-157は病原性大腸菌の一種です。

 中間型は、病原菌が消化管内で増殖する際に初めて毒素を生成するタイプで、生体内毒素型食中毒とも呼ばれます。代表的なのはウェルシュ菌やセレウス菌です。

スポンサードリンク

 

ウイルス性食中毒

 その名の通り、ウィルスが原因で、毒素型と感染型があります。
 代表的なのはノロウィルス、ロタウィルス、A型及びE型肝炎ウィルスです。
 

化学性食中毒

 原因物質はヒスタミンやアミンで、鮮度の落ちた魚、チーズ、発酵食品、腐敗した食品などが原因となります。またヒスタミンは調理の加熱では分解されず、摂食により発症します。
 

自然毒食中毒

 トリカブトや毒茸、フグ等を原因とするもの。

食中毒の原因1位は?

 最初に、食中毒はその原因によって5つに大別されると書きましたが、ここ数年の傾向では、その中で食中毒の原因として 最も多いのはウィルス性食中毒です。とくにノロウィルスが最多 で、その割合は発生件数で約4割、患者数で5~6割を占めるほどです。
 次がカンピロバクターで2割前後。以下黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌が続きます。

食中毒の季節

 食中毒は年間通じて発生しますが、特に多い季節が夏と冬です。
 

 6~9月の夏場に最も多いのは、カンピロバクターや黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌を原因とする細菌性食中毒です。

 細菌性食中毒の原因菌は37℃前後で最も繁殖することと、湿度の高い時期に活動的になるためです。
 

 厚生労働省の平成26年統計によると、食中毒が最も多い月は1月と3月、そして12月でした。意外かも知れませんが、ここ数年の傾向として、冬場に多いウィルス性食中毒増えているためです。

 また、冬でも暖房で室内温度が高いため、本来発生しにくい細菌性食中毒も発生しています。冬だから、と油断してはいけません。

食中毒関連記事
食中毒になったら、うつる?、症状は?、対処法は?
夏の弁当づくり、食中毒を防ぐための注意点と保存方法
食中毒の予防と3原則
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA