妊婦さんが花粉症で知っておくべき事

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 今や日本人の国民的病気となった花粉症、妊娠によって症状が悪化したり、それまで花粉症でなかった人が妊娠を機に花粉症を発症することがよくあります。

 これは妊娠によるホルモンバランスの崩れや、自律神経の働きの変化、体内の水分量の変化等が原因と言われていますが、ハッキリした事は判っていません。ですので、自分には関係ないと考えず、事前にある程度の予防と対策を行いましょう。

スポンサードリンク

妊婦と花粉症のくしゃみ

 花粉症のくしゃみは、かなり激しい物があります。そのため、流産や早産を心配する人も多いようですが、花粉症のくしゃみで流産や早産がおこることはまずありません。

妊婦と花粉症の薬

 妊婦の方で一番気になるのは薬ではないでしょうか?。中には、妊娠に気付かずに花粉症薬を飲み、中絶を考えるほど深刻に悩んだというケースもあるとか。

 厚生労働省の研究班による「鼻アレルギー診療ガイドライン」には、「妊娠4か月の半ばまでは原則として薬物は避けたほうが安全」とあります。特に妊娠4~7週は控えたほうがいいでしょう。それ以降で症状が酷ければ、医師に相談して安全性の高い薬を処方してもらいましょう。

 もし花粉症の内服治療中に妊娠している事がわかったら、医師に相談して内服薬を点鼻、点眼薬に変更してもらいましょう。それまでに飲んだ薬の赤ちゃんへの影響は、あまり神経質にならないでください。妊娠のごく初期(~2週間)は影響がありません。どうしても心配ならば、産婦人科の医師に相談して下さい。もし耳鼻科や産婦人科で対応して貰えない場合は、大学病院や総合病院に相談して下さい。

スポンサードリンク

 また、市販の点鼻薬や点眼薬は局所的なものであり、体内吸収量もごくわずかなので使用して問題ありません。ただし、用法・用量をきちんと守ることが前提です。

妊婦の花粉症減感作療法

 妊娠前から減感作療法を続けている場合、妊娠中も続けることは可能ですが、必ず医師と相談しましょう。場合によっては中断する事も出来ます。

妊婦の花粉症レーザー治療

 花粉症の治療として、鼻の粘膜をレーザーや薬品で焼く事で花粉症の症状を出なくする治療法があります。妊娠中でも行える治療法ですので、症状の強い方は医師と相談の上レーザー治療を行うのも手です。
花粉症関連記事
花粉症対策の食べ物
花粉症の症状と治療
赤ちゃんの花粉症、予防と対策
花粉症の薬はいつから飲む?、副作用は?
夏、秋、冬にもある花粉症。症状と原因、対策は?
妊婦関連記事
妊婦さんのための夏バテ、熱中症対策
妊婦さんの足がつる原因と対策
妊婦さんの夏バテ対策の飲み物は
妊婦が便秘になる原因と解消法。薬は?、体操は?
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA