五月人形と鯉のぼり、由来と意味、飾る時期、喪中の扱い

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

gogatuningyou
 端午の節句と言ってすぐ思い浮かぶのは、鯉のぼりと五月人形でしょう。しかし、いつどうして鯉のぼりと五月人形が飾られるようになったのか、そしてどんな意味があるのでしょうか?。また、いつからいつまで飾っておけばいいのでしょうか?。

 由来や意味、しきたりについてまとめてみました。

スポンサードリンク

鯉のぼりの由来

 鯉のぼりは、江戸時代の”武者のぼり”に由来すると言われています。これは合戦の時などに使う家紋の入った旗印のことで、「旗指物」と呼ばれます。

 端午の節句の日、武士の家庭では、虫干しをかねて先祖伝来の鎧や兜を奥座敷に、玄関には旗指物を飾りました。

 通常「旗指物」には家紋だけが描かれていますが、江戸時代に入って裕福な商家が、端午の節句に金太郎や武者絵を描いた旗指物を立てるようになり、特に武者絵が多かった事から「武者のぼり」と呼ばれるようになりました。

鯉のぼりの意味

 武者のぼりが鯉のぼりに変化したのは江戸時代中期。立身出世のシンボルとして武者のぼりに描かれていた「鯉の滝登り」の図柄から「鯉の小旗(まねき)」が作られ、これがやがて大きな吹き流しの鯉のぼりになったのです。これが主流となったのは、明治時代以降のことです。

 また、現在一般的な「真鯉=父親、緋鯉=母親、青い鯉=子供」のスタイルが定着したのは昭和に入ってから。江戸時代には真鯉だけでした。

五月人形の由来

 五月人形や鎧・兜を飾るという風習は、言うまでも無く武家社会の風習が基になっています。

スポンサードリンク

 端午の節句の日、梅雨の前に虫干しをかねて先祖伝来の鎧や兜を奥座敷に飾る習慣は室町時代からあったとされています。

 これが庶民の間にも広がるのですが、武士ではない庶民は当然ながら鎧や兜など持っていません。そこで、作り物の鎧や兜、人形等を棚に飾ったのです。

五月人形の意味

 鎧兜には身を守ると言う意味もあり、男の子を事故や病気、災害などから守るという願いも込められていました。

五月人形は誰が買う

 端午の節句飾りは嫁いだ側の実家が贈るのが一般的でしたが、最近では両家で折半したり、旦那様方より外飾り、奥様方より内飾りを贈られたりと、あまり拘らなくなってきています。

五月人形を飾る時期

 端午の節句飾りは、いつから飾って、いつしまうのでしょうか?。明確な決まりはありませんが、ひな祭りが終わって以降、5月の中旬くらいまで。今は4月中旬くらいから飾る家庭が多いようです。

 お節句前夜に飾るのは「一夜飾り」と言って縁起が悪いとされます。

五月人形と鯉のぼり、喪中の時は?

 端午の節句は子供の成長を祈願する行事なので、喪中でも特に控える必要はありません。ただし、五月人形を飾って柏餅を食べるのは差し支えありませんが、鯉のぼりは控える地方が多いようです。
端午の節句関連記事
こどもの日の食べ物、ちまきと柏餅の由来
端午の節句、意味と由来
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA