端午の節句、意味と由来

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 5月5日は端午の節句です。菖蒲の節句とも呼ばれ、男子の健やかな成長を祈願し各種の行事を行う、日本人なら誰でも知る風習として定着し、国民の祝日「こどもの日」になっています。では、その由来について知っているでしょうか?
スポンサードリンク

端午の節句の意味

 端午とは、節句とは何のことでしょう?。まず端午ですが、「牛」は旧暦の月の5月にあたり、「端」は元々物のはし。端午で、5月のはし、即ち5月の最初の牛の日である5月5日を節句として祝ったと言われます。

 そして節句。これは伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日で、古来日本の宮廷で節会と呼ばれる宴会が開かれていました。起源は古代中国の陰陽五行と言われます。年間に様々な節句がありましたが、そのうち「人日の節句(1月7日)」、「上巳の節句(3月3日)」、「端午の節句(5月5日)」、「七夕の節句(7月7日)」、「重陽の節句(9月9日)」の五節句を江戸時代に幕府が公的な行事・祝日として定めました。

端午の節句の由来

 この日を端午の節句とする風習は、紀元前3世紀の楚(中国)の出来事に由来すると言われています。汨羅江に身を投げて自殺した、楚の国王の側近にまつわる出来事との説が有力ですが、諸説あります。
 日本には奈良時代に伝わったとされ、これが元々日本にあった「男性が戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じこもって田植えの前に穢れを祓い身を清める儀式を行う”五月忌み”」言う風習と結びつきました。つまり、端午の節句は元々女性の節句だったのです。

スポンサードリンク

 宮中では厄よけの菖蒲をかざり、天皇から薬草を丸く固めて飾りを付けた”薬玉”(くすだま)を賜ったとの記録があります。

 これが男の子の節句となったのは鎌倉時代以降、「菖蒲」が「尚武(しょうぶ=武をたっとぶ)」と同じ読みであること、また菖蒲の葉の形が剣を連想させることなどから、男の子の成長を祝い健康を祈る行事となっていきました。平安時代までの貴族社会から、鎌倉時代に入って武家社会に変化した事も影響したと考えられます。
 鎧甲を飾り、鯉のぼりを立てるようになったのは江戸時代に入ってから。室町時代には、庭に竹竿に布を張った吹き流しを立てる習慣が広まり、これが鯉のぼりの原型とも言われます。

 こうして中国から伝わり、宮中行事として始まった風習が武家社会の行事となり、それが江戸時代以降一般にも広まって現在に到ります。

こどもの日

 端午の節句が「こどもの日」として祝日になったのは、1948年(昭和23年)。こどもの日を祝日にする請願が国会に提出された時、5月5日を希望する意見が多かったためです。

端午の節句関連記事
こどもの日の食べ物、ちまきと柏餅の由来
五月人形と鯉のぼり、由来と意味、喪中の扱い

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA