次の皆既月食は2015年4月4日

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 2015年4月4日は皆既月食です。部分食の始めから終わりまでを、日本全国で見ることができます。

 

皆既月食の仕組み

 皆既月食の仕組みは、一言で言うと月が地球の影に隠れる(入る)現象です。
 月それ自体は光を発しません。夜空に輝く月は、太陽の光を反射する事で光ります。しかし、【太陽-地球-月】の順で3つの天体が並んだ時、月は地球の影に入って太陽の光が当たらなくなる。それが月食です。

 月食の呼び方には、月の一部または全部が「本影(地球によって太陽光が完全に遮られた濃い影)」と入った状態の本影食と、月の一部または全部が「半影(本影を取り囲む薄い影)」だけに入った状態である半影食の2種類があります。
 そして、月の一部だけが本影に入り込む現象が「部分月食」、月の全てが本影に入り込む現象が「皆既月食」です。

スポンサードリンク

 今回、2015年4月4日の月食では、月が本影の端ぎりぎりのところを通るために、皆既食となっている時間が12分間しかありません。部分食は19時15分に始まり、皆既食は20時54分から21時6分までですので、見逃さないようにしましょう。

 部分食の始まり 19時15分
 皆既食の始まり 20時54分
 食の最大    21時00分
 皆既食の終わり 21時06分
 部分食の終わり 22時45分

スポンサードリンク

 

皆既月食が赤い理由

 皆既月食となっても、月は真っ暗になるわけではありません。太陽の光のうち波長の長い赤系の光が屈折・散乱されて本影の中に入り、月は暗い赤色(赤銅色)に見えるのです。

 月が欠け始めてからだと、月を見つけられない事があります。時間を確認し、早めに月の位置を見つけておきましょう。また、月食は日食と違って肉眼でも見る事が出来ますが、双眼鏡などを使えば、地球の影が月面を横切っていく様子や、皆既食中の月面の色や明るさの変化などがより鮮明に観察できて、より月食を楽しめます。

 

皆既月食の撮影

 月は見かけの大きさが充分あるうえに明るい天体なので、撮影は難しくありません。スマートフォンや携帯のカメラでも撮影可能です。デジカメやスマホで月を撮るには、「夜景モード」など夜の撮影に適したモードを使用しましょう。スマホには夜景撮影用のアプリもあります。ズーム機能は使わず、スマホ用ズームレンズ使うとよりキレイな写真が撮れます。

 今回を逃すと、次の皆既月食は2018年1月31日です。3年ほど間が空いてしまいますので、2015年4月4日の皆既月食をお見逃し無く。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA