朝顔の種をまいたのに芽が出ない6つの理由

 朝顔の種をまいたのに、ちっとも芽が出ない。と言う事があります。そのままにしておくと、土の中で種が腐ってしまうこともありますし、やり直すタイミングを逸してしまう事もあるので、早めに原因を調べて対策しましょう。

スポンサードリンク

芽が出ない原因

 植物も生き物ですから、絶対に芽が出ると言う保証はありません。それでも、園芸店などで購入する朝顔の種のパッケージに発芽率が記載され、品種による差はあるものの、朝顔の場合数字は大体70%以上です。つまり、朝顔の種が10個あれば7個は発芽するはずなのです。

 そして、これも品種によって差がありますが、通常朝顔の種は発芽処理をすれば4~5日、しなければ1週間くらいで発芽するものです。もし10日たっても芽が出なければ、何か原因があるはずです。考えられるのは

・気温
・発芽処理
・種
・水
・肥料
・食べられた

 の6つ。
 

気温

 朝顔の種が芽を出すためには、気温が安定して20度以上になることが必要です。種をまく時期の目安は

・関東以西なら5月の連休明け
・九州南部なら4月下旬
・東北、北海道は5月下旬から6月上旬

 になります。只、これらはあくまでも目安。重要なのは気温です。気温が低いのに種まきをして、10日たっても芽が出ないと、種が土の中で腐ってしまうこともあります。その場合は一旦種を取り出し、気温が上がってから新しい種をまいて下さい。
 

発芽処理

 朝顔の種は、皮に透水性がありません。そのままでは水分を吸収せず、発芽に時間がかかります。この様な種子を硬実種子と言い、朝顔以外ではオクラやスイートピーがそうです。

 そこで、芽が出やすいように種の一部に傷を付ける等する事を硬実処理とか発芽処理と言います。

参考:硬実種子(こうじつしゅし) | 写真でわかる園芸用語集|見て納得!かんたんガーデニング用語辞典

 ただ、販売されている種の多くは発芽処理済みで、パッケージに「発芽処理済」と記載されていたら何もする必要はありません。自分で発芽処理をする場合は、「朝顔の種まき方法 – 日本農産種苗株式会社 -しば部長の菜園作り豆知識-」を参考にして下さい。
 

 植物の種にも寿命があり、種自体が古いと発芽率が下がります。朝顔の場合、発芽処理をせずに20度以下の冷暗所で保管すれば、50年の長期保存に耐えるそうです。

参考:種子のレーザー処理 – 九州大学

 それでもやはり、新しい種の方が発芽率は高くなります。また保存状態も大切で、直射日光に当たるような所で保管されていた種は芽が出にくくなります。それから、湿度も大事。湿気がこもるような保管の仕方をすると、種にカビが生えてしまいます。程度にもよりますが、カビが生えた種は発芽能力を失っていることが多いので、その場合は捨てるしかありません。

 このような古い、保存状態の悪い種をまいて芽が出ないときは、新しい種と交換して下さい。

スポンサードリンク

 

 植物の種が芽を出すためには、温度と水と酸素が必要で、これを発芽の三要素と言います。

 水をい与えすぎると、種が水浸しになって酸欠を起こし、発芽の三要素が揃いません。また、そんな状態が続くと、種が腐ってしまう事もあります。と言って、全く与えないと土が乾燥してしまうと、これも芽が出ません。

 水はやり過ぎないように、乾燥しないように。土が乾いている時に適量を与えるだけ、土が湿っていたら必要ありません。

参考:アサガオの発芽の三条件について | みんなのひろば | 日本植物生理学会
 

植え方

 余り深く種を植えたり、表面の土を固めてしまうと、種が酸欠を起こして芽が出ません。種を植える深さは第一関節くらい(1~2センチ)が適当です。
 

肥料

 朝顔だけでなく、一般に植物の種をまくときは肥料は不要です。芽を出すのに必要な栄養分は、種の中に蓄えられており、肥料を与えることで逆に発芽が妨げられたり、時には種自体が腐ってしまうこともあります。

 ただし、芽が出た後は土から必要な養分を吸収するため肥料が必要になります。直播きの場合、芽が出た後の肥料切れを起こさせないよう、効果が徐々に現れる緩効性肥料を使います。

参考:Q18:種まきのときに肥料は不要なのですか?|住友化学園芸

 もし種まきした直後に速効性の化学肥料等を使用、1週間たっても芽が出ない場合、土も種も変えて、新しく種まきするのが確実だと思われます。ただ、速効性の肥料は抜けも早いので、何度か水やりをする内に肥料が抜け、遅れて芽が出ることもあると言います。
 

食べられた

 庭に直まきしていたり、植木鉢を外に置いておくと、まいた種が鳥に食べられてしまうことがあります。

 新しい種で発芽処理済み、気温も20度以上で水も適切に与えているのに、1週間以上経っても芽が出ない場合、一度種を掘り返して見て下さい。種がなくなっていたら、新しい種を植えて、鳥除けのネットなどを使いましょう。

まとめ

 朝顔の芽が出ない理由は

・気温が低い
・発芽処理をしていない
・種が古い、保存状態が悪い
・水が少ない、または多過ぎ
・肥料を与えた
・鳥に食べられた


関連記事
朝顔の花が咲かない、つぼみも付けない5つの理由
大きな花を沢山咲かせる朝顔の育て方

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります