雛祭りと雛人形の由来、飾り方、片付け、供養

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 桃の節句は、七夕や端午の節句と同じく古代中国の五節句の一つで、上巳(じょうし/じょうみ)の節句がその起源です。上巳とは3月上旬の巳の日という意味で、のちに日付が変動しないよう3月3日となり、旧暦の3月3日が桃の花が咲く季節であったことから、桃の節句と呼ばれるようになりました。

 日本においては、平安時代以前から自分の体を草木やわらでこしらえた人形で撫でて穢れを移し、川や海に流して災厄を祓う神事と、京の貴族階級の子女が天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊んだ「ひない遊び」が結びついたものが武家社会にも広がったとされます(人形を川に流す神事は、現在も「流し雛」として一部の地域で残っています)が、起源については諸説あります。しかし、江戸時代には庶民の人形遊びと節句が結び付けられ、天正年間以降行事となり発展して「雛祭り」となっていきました。

 元々は、5月5日の端午の節句とともに男女の別なく行われていましたが、江戸時代ごろから、豪華な雛人形は女子に属するものとされ、端午の節句(菖蒲の節句)は「尚武」にかけて男子の節句とされました。

スポンサードリンク

 

雛人形の飾り方

 最上段は内裏びなの男雛(お殿さま)を向って左に、女雛(お姫さま)を向って右に配置します。それぞれ天皇、皇后をあらわし、正しくは親王と親王妃です。後ろには金屏風を立て、両脇にぼんぼりと、二人の間には桃の花をさした瓶子(へいし)をのせた三方(さんぼう)飾りを置きます。

 二段目には、宮中に仕える女官をあらわす三人官女が並びます。これには両側が立つものと、まん中が立つものとのふた通りがあります。

 三段目は、能のお囃子を奏でる5人の楽人をあらわす五人囃子(ごにんばやし)。向かって左から「太鼓(たいこ)」、「大皮鼓(おおかわつづみ)」、「小鼓(こつづみ)」、「笛」と並び、そして「扇」を持つ「謡い手」を右端に置きます。

スポンサードリンク

 四段目は、武官を表す随身(ずいじん)を飾ります。随身は向かって右が通称左大臣で年配者、左が通称右大臣で若者。正しくは近衛中将または少将ですが、両方とも同じ顔をしている場合は、黒い衣裳のほうを右におきます。

 五段目には、仕丁(してい、しちょう)または衛士(えじ)と呼ばれる、従者をあらわし3人組を飾ります。それぞれ、日傘をかざしてお供する係、殿のはきものをお預かりする係、雨をよける丸い笠(かさ)を竿(さお)の先にのせてお供する係で、沓台(くつだい)をもっている仕丁がまん中、向かって左に台笠、右に立傘をもたせます。怒り、泣き、笑いの表情から、三人上戸(じょうご)の別称もあります。

 六段目と七段目の飾りに、はっきりした決まりはありません。食器やたんす、お化粧道具、お駕籠(かご)や御所車が置かれるようです。

 

雛人形の片付け

 祭りの日が終わっても雛人形を片付けないと婚期が遅れる、という話を聞いたことがあると思います。これは昭和初期に作られた俗説と言われ、元々旧暦の場合梅雨が間近であるため、早く片付けないと人形や絹製の細工物に虫喰いやカビが生える、というのが理由だとの説が有力です。また地方によっては、「後片付けも出来ないようでは嫁の貰い手も現れない」という、躾の意味があると言われます。

 

雛人形の供養

 人形を手放す場合、いきなり処分してしまう人もいますが、人の形をしたものには昔から魂がこもりやすいと言われていますから、供養してもらう事をお勧めします。
 人形の供養を一年中受けてくれる神社や、最近では宅配受付を行っているところも数多く存在しますし、感謝祭や供養祭と言ったお祭りの形式で年に何日か供養をしてくれるところもまりますので、事前に調べて問い合わせてみましょう。

雛祭り関連記事
ひな祭り、食べ物の意味と由来

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA