節分の豆まき、鬼、柊鰯の意味と由来

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

setsubun
 節分と言えば鬼と豆まき(最近では恵方巻も)ですが、節分にはどんな由来があり、何故豆をまくのか、ご存じでしょうか?。

スポンサードリンク

節分の由来

 節分とは、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことで、「季節を分ける」事も意味しています。節分とは年4回あるのですが、室町(江戸時代とする説もあり)時代以降、新しく春を迎える立春を重要視し、特に節分と呼ぶようになりました。

 元々は宮中での年中行事で、季節の変わり目に生じると考えられた邪気(鬼)を追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われていたと、延喜式(平安時代中期に編纂された格式の記録)にも記述されています。
 この宮中行事が一般にも広まるようになって、柊の枝に鰯の頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てたり、寺社で豆撒きをしたりするようになったのが、今一般に知られる節分の行事です。

豆まきの意味と由来

 節分に豆をまくようになったのは、宇多天皇の時代に、鞍馬山の鬼が出て来て都を荒らしたとき、毘沙門天のお告げによって三石三升の炒り豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶし、災厄を逃れたという故事伝説が始まりと言われます。
 日本には古くから「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰があり、特に大豆は米に次いで神事に用いられてきました。

 また、豆まきに使用する豆は、お祓いを行った炒った大豆(炒り豆)で、生豆ではいけません。節分は旧年の厄災を負って払い捨てられるものである為、撒いた豆から芽が出ることは縁起が悪いとされるためです。

スポンサードリンク

掛け声

 豆をまく時の掛け声は通常「鬼は外、福は内」ですが、鬼を祭神または神の使いとしている神社や宗教、また方避けの寺社では「鬼は外」ではなく「鬼も内(鬼は内)」。その他鬼塚や鬼頭など「鬼」の付く姓の家庭、もしくは鬼が付く地名の地域では「鬼は内」の掛け声が多くなっています。また、大名九鬼家の領地でも、藩主に敬意を表して「鬼は内」としています。

 節分は鬼を払うのが目的の行事ですが、何故鬼なのか?。古来鬼というのは目に見えないもので、「おぬ(隠)」が語源と言われています。実態が無く、この世に様々な災いをもたらすものが鬼であり、疫病や自然災害、飢饉など、当時の人間に対処出来ない恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられていました。
 そのため、新しく春を迎える立春の前日、鬼を払って1年の無病息災を願う。それが節分なのです。

柊鰯の意味と由来

 柊鰯(ひいらぎいわし)は柊の小枝と焼いた鰯の頭、あるいはそれを門口に挿したもので、節分に魔除けとして使われます。柊の葉の棘と鰯の臭気で鬼を寄せ付けない、と言う意味があり、平安時代に正月の門口に飾った注連縄(しめなわ)に、柊の枝とボラの頭を刺していた記録が残っています。
節分関連記事
恵方巻きの由来と具材の意味
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA