恵方巻の食べ方、由来と具材の意味

恵方巻
 ほんの20年前まで、全国的には全く知られていなかった「恵方巻」。最近すっかり全国区になった感があります。毎年節分の時期にはコンビニエンスストアやスーパー、持ち帰り寿司のチェーン店で売り出されるのが恒例になっています。

スポンサードリンク

食べ方

1.7種類の具が入った太巻きを一本用意。その際、縁も含めて包丁は入れない。
2.次に恵方を向く(恵方と言うのは、その年の幸福を司る歳徳神(としとくじん:年神様の別称)がいるとされる方角で、年によって違います。2015年の恵方は「西南西やや西」です)。
3.願い事をしながら、一本食べきる。食べきるまで声を出してはいけない。

 と言う物。しかしこの習慣、一体どんな由来があり、いつ頃何をきっかけにして全国に広まったのでしょう?。

由来

 由来には諸説あり、定かではありません。その中で有力と言われるのが、大正初期、大阪の花街で節分の時期に遊女や芸者の間で行われいた「お新香巻きを恵方に向かって食べる縁起担ぎの習慣」が起源とする説です。

 この遊女や芸者限定の習慣を、商売に利用したのが地元のお寿司屋さん。現存する最古の資料として、1932年(昭和7年)に大阪鮓商組合後援会が発刊したチラシが大阪市中央区の寿司屋「本福寿司」に残っています。
 

幸運巻き寿司

 これが戦中戦後暫く廃れていたのですが、1949年(昭和24年)に「幸運巻き寿司」という名で復活させたのが大阪鮓商協同組合。2月は客足が落ちるので、販売促進のイベントが欲しかったわけです。

 宣伝の甲斐あってか、大阪では徐々に広まり、デパートでも「2月3日 幸運巻き寿司売り出し」と宣伝販売されるようになります。
 

コンビニエンスストア

 大きな転機となったのは1983年(昭和58年)、ファミリーマートが大阪府と兵庫県で恵方巻の発売を始めた事でした。1989年には広島のセブンイレブンが販売を開始、その翌年から販売エリアを広げ、1998年には全国で販売するようになり、遂に恵方巻は全国区のイベントとなります。

 また、恵方巻と言う名称を最初に使ったのはセブンイレブンで、それ以前は「幸運巻き寿司」や「節分の巻き寿司」、または「丸かぶり寿司」などと呼ばれていました。
 

販売促進イベント

 大阪の芸者や遊女限定の習慣を地元の寿司屋が利用。一時廃れたものの、戦後大阪鮓商協同組合が客足の落ちる2月の販売促進イベントとして復活させ、コンビニエンスストアが乗って恵方巻きと名付け、全国区になった。

 つまり、恵方巻と言うのは純粋な「販売促進イベント」、バレンタインデーのチョコレートと同じと言う事です。

具材の意味

 恵方巻では商売繁盛と無病息災を願い、七福神に因んで7種類の具材を使います。しかし、具材について特に決まりはなく、7種類あればそれで良いようです。

 その他、キュウリを青鬼、ニンジンや桜でんぶ(おぼろ)やしょうがを赤鬼に見立てて「鬼を食べて」鬼退治するという説や、太巻きを鬼の金棒に見立てて鬼退治ととらえる説もあります。

 いずれにしても、具材につては厳密に決まっているわけではありません。元々がお寿司屋さんの販売促進イベント、そこまで考えていなかったのでしょう。

いつ食べる?

 恵方巻はいつ、何月何日に食べたらいいのでしょうか?。これは節分の日、2月3日です。

まとめ

・恵方巻きの起源は諸説あり、定かで無い。
・大阪の芸者や遊女の習慣が起源との説が有力。
・戦後大阪鮓商協同組合が「幸運巻き寿司」として復活。
・コンビニエンスストアが販売を開始。
・セブンイレブンが恵方巻きと名付ける。
・食べるのは2月3日の節分の日。

参考:恵方巻 – Wikipedia

節分関連記事
節分の豆まき、鬼、柊鰯の意味と由来

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります