カフェインの効果は、持続時間は何時間?

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

カフェイン
 コーヒーやお茶、栄養ドリンクなどに含まれるカフェインに覚醒効果がある事はよく知られています。しかし、カフェインの効果はそれだけではありません。

 ちなみに、「カフェイン」と言う名前は、コーヒーから抽出された事に由来します。

スポンサードリンク

カフェインの効果

 カフェインの効果で最も知られているのは覚醒効果でしょう。眠いとき、疲れて集中力が低下したときにコーヒーやお茶を飲むのは一番簡単な対策です。しかし、カフェインの効果はそれだけではありません。

 そもそもカフェインが様々な効果を発揮するのは、その多くがアデノシンという物質の働きを妨げる事によります。
 

覚醒

 アデノシンは睡眠を誘発するため、この働きをブロックする事により覚醒作用を発揮します。

 仕事や受験勉強などで疲れているけど、もう一踏ん張りしなければいけない時など、集中力を取り戻すためにコーヒーを飲む人は多いでしょう。

 ただし、睡眠前にカフェインを摂取すると寝付きが悪くなり、睡眠の質を低下させますので注意が必要です。
 

強心

 強心作用というのは「心臓の収縮力を高める」事を言います。アデノシンには心臓を休める働きがあり、これが阻害される事で心拍数の増加や血圧上昇、血流増加等の効果があります。コーヒーやドリンク剤を飲んだ後に動悸を感じたら、それはカフェインの強心作用の可能性が高いと考えられます。

 低血圧の人は、朝1杯のカフェイン飲料を飲む事で改善されるかもしれません。
 

鎮痛作用

 アデノシンはノルアドレナリンの分泌を抑える働きがあります。ノルアドレナリンは痛みを緩和する(感じにくくする)作用があり、カフェインがアデノシンの働きを阻害し、結果的にノルアドレナリンの分泌を促すため鎮痛作用をもたらすのです。
 

頭痛

 カフェインには脳血管収縮作用があり、これによって一時的に頭痛を緩和します。しかし、効き目が切れると反動による血管拡張で頭痛が起きる事があります。また、常用すると頭痛が起こりやすくなる欠点もあります。

スポンサードリンク

 

利尿作用

 アデノシンは腎臓への血流を減らす効果があり、カフェインがその働きを阻害する事で腎臓への血流が増加、利尿作用をもたらします。そのため、カフェインを含む飲料は水分補給に向きません。
 

ダイエット

 カフェインは交感神経を刺激して基礎代謝が高め、また脂肪燃焼を促進する効果があると言われています。

 特に運動と組み合わせると効果的で、運動前にカフェインを摂取してからトレーニングをすると、カロリー消費が15%上昇するという研究結果もあります。
 

消化促進作用

 胃液の分泌を活発にし、食べ物の消化を促進します。そのため、空腹時にカフェインを摂取すると、胃痛や胸焼けを起こす事があります。
 

記憶力

 ジョン・ホプキンス大学の研究発表によると、カフェイン摂取後の24時間は記憶力がアップするのだそうです。

カフェインの効果時間

 カフェインは摂取してどのくらいで効き始め、そしてその効果はどのくらいの時間持続するのでしょうか?。

 効果が発揮されるまで約30分、効果は種類によりますが、大体4~5時間。覚醒効果は8時間から最大14時間続くと言われます。

 注意
 覚醒効果、記憶力を高める、強心作用、脂肪燃焼等、カフェインには魅力的な効果が色々ありますが、だからといって大量に摂取してはいけません。カフェインにはカフェイン中毒と呼ばれる副作用があり、最悪の場合死に至る事があるのです。

 カフェインの副作用について、詳しくは「カフェインの副作用、カフェイン中毒の症状や量」をご覧下さい。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA