こたつで寝ると風邪をひく、疲れる、体に悪い理由

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 日本特有の暖房、こたつ。寒い日には1日中入っていたり、気持ちよくてそのまま寝てしまったり。でも、実はそれ凄く健康に悪いのです。

 「こたつで寝ると風邪をひく」、と言われた事はありませんか?。これは決して根拠の無い迷信ではありません。こたつで寝ることは、健康に様々な悪影響を及ぼすのです。

スポンサードリンク

体温調節
 こたつと言うのは下半身が中に入って暖かいのですが、上半身は外に出ています。そのまま寝てしまうと、下半身が温かくて上半身が寒い状態が長時間続きます。

 この状態だと自律神経が混乱してしまい、体温調整が上手くいかなくなります。

脱水
 こたつ内部の温度は30度以上。その中で眠ってしまうと、当然大量の汗をかきます。そして、良くあるのですが、上半身が寒くて体を縮めて全身をこたつに入れてしまう。するとますます全身で汗をかいてしまい、脱水が進行することになります。

 脱水は熱中症の主な症状としても知られ、人間の体に様々な悪影響を与えます。例えば、

喉や鼻の粘膜が乾燥することにより、細菌やウィルスが侵入しやすくなり、風邪やインフルエンザに感染しやすくなる。
腸内の水分が減少することで便が硬くなり、便秘になる。
血液中の水分が減少、血がドロドロになることで血栓ができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まる。
 等。よく風邪をひく、冬になると何故か便秘になる、と言う方、こたつで寝ていませんか?。こたつで寝ると、脳梗塞や心筋梗塞で最悪死に至ることもあるので注意して下さい。

 その他脱水の症状として、頭痛や倦怠感、めまい、吐き気等もあります。こたつで寝て、目が覚めたら頭痛がする、目眩を感じる等の自覚症状があったら脱水症状を起こしている可能性が高いと思われます。まず、水分補給をして下さい。

スポンサードリンク
熱中症
 こたつで寝てしまうと、脱水から熱中症を発症することがあります。特に幼児や高齢者の場合は注意が必要です。
睡眠の質の低下
 人間の体は、眠るときには活動中より体温が下がるようになっています。体温を下げて代謝を下げ、脳の温度も下がって眠りに入り、睡眠が深くなるほど体温は低下するのです。

 所が、熱いこたつの中で眠ると、外部からどんどん熱が与えられて体温が下がりきらず、深い睡眠に入れないために睡眠の質が低下します。その結果、十分な時間寝たつもりでも、実は眠れておらず疲れがとれない、昼間眠気に襲われる、と言う状態になってしまいます。

疲れる
 睡眠の質の低下、体温以上の熱を与えられ続けることの体の負担、脱水。また、こたつは狭く敷マットも薄いため腰や背中に負担がかかり、結果こたつで寝ると疲労が貯まってしまいます。
風邪
 脱水による粘膜の乾燥、睡眠の質の低下等による疲労。これらの複合により免疫力が低下、風邪をひきやすくなります。
低温火傷
 低温熱源に長時間直接接触、あるいは輻射熱によって火傷するのが低温火傷。接触部分の温度が44℃だと6時間、45℃だと3時間程度で受傷します。こたつで寝て、起きたら低温火傷をしていた、と言うことは十分あり得るのです。

 低温火傷は一般の火傷に比べて外見は軽傷に見えますが、皮膚の深部に深い損傷を負う事が少なくありません。特にこたつの場合、低温火傷の範囲が広くなる傾向があるので注意して下さい。

 こたつは、最初こそポカポカして気持ちがよく眠くなりますが、一旦寝てしまうと健康に悪く、疲労が貯まってしまいます。そのまま眠ってしまいたい気持ちはわかりますが、健康を害したくなければ必ずこたつを出て、布団で眠りましょう。
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>