餅の保存方法は冷凍がよい?、解凍は?

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

mochi
 正月に食べるものと言えば餅ですが、これが毎年だいたい余ってしまいます。余った餅はどうなるかと言うと、大抵冷蔵庫などにしまい込んで、気がつくとカビていたりして結局捨ててしまうのです。

 そこで、餅をカビないよう、上手く保存するにはどうしたら良いのか?、まとめました。

スポンサードリンク

餅の保存方法

 市販の餅で個別包装されている製品はそのまま保存可能ですが、ついた餅は常温で保存すれば直ぐにカビが生えてきます。
 

常温

 1.水餅
 常温で保存する場合、容器に水を張り、そこに表面の粉を洗い落とした餅を入れて(完全に餅が水に沈むように)冷暗所で保存します。水は毎日交換し、餅も洗って下さい。

 2.ワサビ
 もう一つ、密封出来るタッパー等に餅を入れ、餅の上に軽くラップを敷いて下さい。その上に和からしかワサビを、チューブ入りのものなら5cm程度置き、冷暗所で保存します。和からしやワサビがカビの発生を遅らせてくれるのです。

 辛子やワサビの臭いが付くかもしれませんが、加熱すれば臭いは飛んでしまいます。

 3.使い捨てカイロ
 やはり、密閉できるタッパー等の容器に餅と使い捨てカイロを入れて密閉します。使い捨てカイロは空気中の酸素と鉄が反応して熱を出す仕組みで、これにより容器内の酸素が吸収され、カビが生えにくくなります。ただし、使い捨てカイロを容器に入れる際、決して揉まないようにして下さい。

 ただし、これらの常温で保存する方法は、気温の低い冬場だけにするのが無難です。
 

冷蔵

 冷蔵庫はと言うと、実は冷蔵庫の温度はデンプン質にとって劣化しやすい温度なのです。例えば、ご飯やパンを冷蔵庫で保存すると美味しくありません。餅も同様です。
 

冷凍

 一番長期間保存できて簡単なのが冷凍保存です。

 解凍するときの事も考えて、1食分ずつ小分けにしてラップで包みます。この際、中に空気が入らないよう、隙間なく包んで下さい。空気が入ると酸化が進んで劣化します。

 次にジップロックに、こちらも空気を出来る限り抜いてラップした餅を入れ、後は冷凍室に入れるだけです。ジップロックに冷凍室へ入れた日を記入しておくと、賞味期限の目安になるでしょう。

 冷凍保存した餅は1年以上食べられますが、あまり長い間保存すするとやはり質が低下しますので、1ヶ月程度で食べきる事をお勧めします。

スポンサードリンク

解凍方法

 冷凍した餅を解凍するには、幾つかの方法があります。
 

電子レンジ

 冷凍した餅を耐熱容器に入れ、餅が完全に浸かるくらいの水を入れて500Wで3分程度加熱して下さい。

 加熱時間は餅の大きさによっても変わりますので、解凍できているか確認しながら行います。
 

自然解凍

 電子レンジで解凍すると、失敗したときに柔らかくなり過ぎる事があります。そこで、大きく失敗しないのが自然解凍。2~3時間前に冷凍室から出しておくか、前日に冷蔵室に移して自然解凍させます。
 

解凍しない

 解凍しない方法もあります。冷凍したまま煮る、あるいは焼いてもOKです。ただ、焼く場合はじっくり焼かないと中まで火が通らないので、焼く場合は自然解凍した方が良いでしょう。

カビが生えたら

 餅は、きちんと保存してもカビが生える事はあります。その場合はどうするかと言うと、食べずに捨てるのが一番です。

 カビが生えている部分だけ取り除いて食べる、と言う人もいますが、カビは目に見えない部分にまで根を張っており、取り除いたつもりでも残っています。特に妊娠中の方、高齢者や子供など抵抗力の低い方は注意して下さい。

餅関連記事
餅を喉に詰まらせないための予防策と、詰まった時の対処
鏡餅、いつから飾っていつ片付ける?
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
Share on reddit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>