バリウム検査前後、食事の注意点と出ないときの対策

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 胃のX線検査をするとき、必ず飲まされるのがバリウム。このバリウムを飲む前と、飲んだ後の食事には注意しなければいけない点がいくつかあります。

 バリウムは消化吸収されませんので、間違えると体内で固まってしまい、腸閉塞を引き起こす事もあるのです。

スポンサードリンク

バリウム検査前の食事

 恐らく、「バリウム検査をする前日の21時以降は何も食べないように」、と言われると思います。だいたい、検査前12時間以内は胃に物を入れないようにするのが良いでしょう。
 

 そしてもう一つ、検査前お酒は控えて下さい。アルコールは利尿効果が強く、バリウムを固める原因になります。
 

 夜間喉が渇いたり、朝目が覚めたとき、コップ一杯程度の水は飲んでも構いません。特に夏場の暑い時期にバリウム検査をする場合、水分不足で異常な数値が出たり、熱中症になってしまう事があるからです。ただし、水分補給も検査2時間前までです。
 

煙草

 食事ではありませんが、控えた方が良いのが煙草です。煙草は胃を刺激し、その活動を活発化させてバリウムを腸へと押し流してしまいます。その結果正確な検査が出来なくなるので、少なくとも当日朝起きてから検査が終わるまでは禁煙して下さい。

バリウム検査後の食事

 検査が終わった後、下剤を渡され、多めの水ですぐに飲むように言われると思います。バリウムは粘度の強い液体で消化吸収されず、なるべく早く排出してしまった方が良いので、指示通り多めの水で下剤を飲んで下さい。バリウムの排出には水分が重要で、下剤だけでは足りません。水分の摂取を忘れないように。

 その他、食事でも注意したい点があります。


 まず、お酒です。検査前の食事でも触れましたが、アルコールは利尿作用が強く、摂取した以上の水分を排出してしまいます。そのため、腸内でバリウムが固まってしまう恐れがあるので検査当日は控えて下さい。コーヒーやお茶類も利尿作用がありますので、下剤が効いて最初にトイレに行くまでは控えた方が良いでしょう。

 食事は、食物繊維(特に水溶性食物繊維)と水分を多く含むものがバリウムの排出を促します。水溶性食物繊維は海藻類に多く含まれ、こんにゃくや寒天で摂取できますが、一番簡単のは

 糖分の吸収を抑える食物繊維、難消化性デキストリンと言うのが水溶性食物繊維の事です。ドラッグストアなどでも大抵置いてあります。

バリウムが出ないとき

 困るのはバリウムが出ないときですが、そもそもバリウムが出ているかどうかは、どうやって見分けるのでしょうか?。バリウムが出ているとき、便が白くなりますので一目でわかります。個人差もありますが、翌日、または2日後くらいまで白い便が出て、次第に元に戻ります。

 もしバリウム検査後、便が白くない、それどころか便秘になってしまった、そう言えば下剤を飲み忘れていた、と言う場合は医療機関を受診して下さい。医療機関で処方される下剤に比べて市販の下剤は効果が低いので、市販薬で対応するのはお勧めしません。

 まとめ
 ・検査当日、お酒は厳禁。
 ・検査後、必ず水分の補給をして下剤を飲む。
 ・検査後の食事は水分と水溶性食物繊維の多い物を。
 ・バリウムが出ないときは医療機関を受診。
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>