あくびが多い、止まらない原因は病気、ストレス?。止めるには

 疲れていたり、前日寝不足だったり、退屈しているとき、どうしても出てしまうあくび。これは一種の生理現象なので仕方ありません。

 ところが、疲れているわけでも寝不足でも無いのにあくびが出る。凄く疲れているけど、そこまで疲れる理由が分からない、と言う場合は問題。あくびの陰に、何かしらの病気が隠れていることがあります。

スポンサードリンク

あくびの原因

 あくびの原因は疲労や寝不足と思われがちですが、実ははっきりとしたメカニズムは解明されていません。ただ、疲労しているとき、眠いときに出やすいことから、

 ・より多くの酸素を取り込むため
 ・脳を活性化するため

 とする説が有力です。酸素の取り込みも、脳の活性化につながりますから、やはり脳との関わりが強いようです。

 最近では、「脳の温度調整のため」という説もあります。脳が活動によって温度が上がったとき、つまりオーバーヒートしそうになったとき、あくびをすることで脳に冷たい血液を送り込んで温度を下げる、と言うものです。事実、頭を冷やすとあくびが出にくくなる、と言う実験結果もあるそうです。

参考:あくびが出るのは脳を冷やすため? | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

あくびを止める方法

 あくびに特効薬はありません。対策と呼べるのは

・深呼吸
・ストレッチ

 です。深呼吸で酸素を取り込み、ストレッチで血行を促進する事で、一時的にあくびが出る状況を改善します。その他、あくびの止め方が動画にありましたので、参考までに。

 しかし、これらはあくまで対処療法。基本はゆっくり休む、睡眠時間を確保する、3食しっかり食べると言った生活習慣の改善です。

生あくび

 そして、疲労や睡眠等の理由が無いのに出るあくびを「生あくび」と言って、頻繁に出るようなら注意が必要です。原因として考えられるのは

・ストレス
・病気

 の2つ。

ストレス

 「極度に緊張してストレスを感じたときに、それをほぐすため、あくびが出る」、と言う説です。

 重要な会議や大事な試合の前など、疲れてもいないし眠くもないのにあくびが出るのは、緊張状態を緩めるため、と言うことになります。周りから見ると、大事なときに緊張感が無い、と思われるかもしれませんが、実は緊張している証拠なのです。

病気

 しっかり睡眠も取っているし、特に緊張している訳でもなく、脳を使ってもいないのに、生あくびが多い、と言うとき、何らかの病気が隠れていることがあります。

 この時、原因として多いと言われるのは

・貧血
・熱中症
・偏頭痛
・糖尿病
・低血糖
・脳梗塞
・睡眠時無呼吸症候群
・血圧の急激な低下

 です。

 

貧血

 貧血というのは血液が薄い、一般にはヘモグロビン濃度が基準値を下回った状態をいます。ヘモグロビンは酸素運搬を担っているため、減少すると血液が酸素を運搬する能力が低下、脳や体が酸素不足を起こします。

 つまり、貧血の人は常時体や脳が酸素不足を起こしいるのです。そのため、あくびをすることで、より多くの酸素を取り込もうとする、と言うわけです。

 もし、あくびが頻繁に出る上、

・目眩や立ち眩み
・疲れやすさ
・動悸や息切れ
・顔色の悪さ

 等がある場合、貧血が疑われます。

 貧血については、「貧血の原因と対策、男性の場合と女性の場合」も参考して下さい。
 

熱中症

 熱中症の症状として、生あくびが頻発することがあります。

 もし気温の高い日に生あくびが頻発した上

・目眩、立ちくらみ
・口の強い乾き
・大量の汗

 等の症状があったら、熱中症の可能性があります。これらは熱中症でも軽度の症状なので、速やかに涼しい場所に移動、水分補給をするなどの対策をとって下さい。

参考:6月 脱水・熱中症にご注意を! | お役立ち情報 | 全国健康保険協会
 

偏頭痛

 偏頭痛の前兆として、あくびが続けて出ることがあります。個人や症状によっても違いますが、偏頭痛のでる数時間前、もしくは数日前にあくびが多くなる傾向が見られるのです。

 偏頭痛では血管が拡張されるため、血流が増えてより多くの酸素を必要とするため、あくびが出ると言われています。

 あくびが多い、そして数時間から数日後に

・脈打つような頭痛
・吐き気

 等があったら、偏頭痛の可能性があります。

参考:頭痛外来|八重洲クリニック 脳神経外科

スポンサードリンク

 

糖尿病

 糖尿病にになると、血液中の糖分を取り込むためのインスリンが減少、またはその効きが悪くなり、体が糖分を利用できず、エネルギー不足を起こします。そのため強い眠気に襲われ、あくびが出ることがあります。

 十分睡眠を取っているはずなのに日中眠気に襲われる、急激に痩せた、尿が泡立つ、疲れやすくなった等の症状があったら糖尿病の恐れがあります。
 

低血糖

 糖尿病とは逆に、血糖値が低くなり過ぎる”低血糖”でもあくびが出ます。糖分はエネルギー源なので、これが不足すると疲労感や集中力の低下、そして低下した脳の働きを回復させるために「生あくび」が起きるのです。

 低血糖を起こす原因は

・激しい運動
・空腹での運動
・ダイエット
・飲酒
・入浴
・インスリン注射

 等です。激しい運動や空腹時の運動で血液中の糖分を消費しすぎたり、ダイエットで糖分が不足すれば低血糖を起こしやすくなります。

 また、食事をとらずに多量の飲酒をしていると、アルコールの代謝にともなって低血糖を起こしやすくなります。

 そして、糖尿病の治療では、インスリンの分泌を促す薬やインスリンそのものを投与するなどしますが、その調整が難しく、インスリン過多になって血糖値が下がりすぎることがあります。

参考:低血糖 | 糖尿病情報センター
参考:低血糖症の症状 | 摂食障害治療専門 クリニック・ハイジーア
 

脳梗塞

 脳梗塞は血栓によって脳血管が詰まり、脳の組織が壊死する病気です。脳の血流が滞ることから、あくびが出やすくなります。

 あくびと同時に頭痛や吐き気があるときは要注意、脳梗塞の恐れがあります。速やかに医療機関を受診して下さい。

参考:「急激な睡魔で、頭痛も…」若年性脳梗塞の兆候かも | NewsWalker
 

睡眠時無呼吸症候群

 睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる病気です。原因としては、睡眠中の筋弛緩により舌根部や軟口蓋が下がり気道を閉塞する場合と、脳血管障害や重症心不全などによる呼吸中枢の障害があげられます。

 睡眠中の呼吸停止や低呼吸によって睡眠の質が著しく低下、寝ているつもりでも実際は眠れていない状態になります。

 もし、睡眠時間はしっかり取っているのに、何故か日中強い眠気を感じてあくびが止まらない。イビキを指摘された、と言う場合「睡眠時無呼吸症候群」の可能性があります。

参考:睡眠時無呼吸症候群の治療~適切な治療を見つけるために~
 

血圧の急激な低下

 血圧が急激に低下するとき、その初期に生あくびが出ます。急激な血圧の低下を引き起こすのは

・消化器官からの出血
・心筋梗塞、狭心症
・腸閉塞
・アナフィラキシーショック

 吐血や下血があって、生あくびが出るなら消化器官から出血している恐れがあります。
参考:吐血と下血 – 一般のみなさまへ | 日本消化器病学会

 呼吸の苦しさ、冷や汗や脂汗、吐き気、胃の痛み等の症状があったら、心筋梗塞か狭心症が疑われます。
参考: rel=”nofollow”>心筋梗塞・狭心症の症状とは?治療や原因について心臓血管外科医が解説|渡邊剛 公式サイト

 便秘、腹部全体の痛み、腹部膨満、発熱、嘔吐などの症状なら、腸閉塞の恐れがあります。
参考:腸閉塞(イレウス)|オリンパス おなかの健康ドットコム

 口内の異常感、唇の痺れ、食べ物を飲み込めない、手足の痺れ、視界が暗くなる等の症状ならアナフィラキシーショックの恐れがあります。
参考:アナフィラキシーショックとはどんな病気か|症状や原因・治療|六訂版 家庭医学大全科 – gooヘルスケア

 これらの病気は、いずれも命にかかわる重大なものなので、直ぐに医療機関を受診するか救急車を呼びましょう。

まとめ

・あくびのメカニズムは解明されていない
・脳と関わりが深いと思われる
・疲労や睡眠不足が無くても出るのは生あくび

生あくびの原因として考えられるのは
・ストレス
・貧血
・熱中症
・偏頭痛
・糖尿病
・低血糖
・脳梗塞
・睡眠時無呼吸症候群
・血圧の急激な低下

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります

コメント

  1. 輿石敏雄 より:

    今年の9月7日に脳梗塞で2週間入院しました。
    今は家で療養しておりますが、あくびが頻繁に出るのです。
    どうしたらいいでしょうか教えてください。

    • daiyonwakusei より:

      脳梗塞で療養中と言うことでしたら、やはり主治医の先生に相談するのが一番良いと思います。