実印、銀行印、認印の違いは?。同じでも構わない?

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

印鑑
 日本では日常的に使われる印鑑には、実印、銀行印、認印と種類が分かれますが、これらはどう違うのでしょう?。同じものを使っても構わないのでしょうか?。

 知らずに使っていると、実は大変危険です。

スポンサードリンク

実印

 実印とは、住民登録をしている市区町村の役所や役場に登録申請して受理された印鑑のことをいいます。登録された時点で強い法的拘束力を持ち、車や不動産などの取引や重要な用途において印鑑登録証明書を添付して用いられます。

 欠損したり摩滅していると使用できないため、ラクトやゴム印などの変化しやすい材質の印鑑は登録できません。また、印影の大きさは8ミリメートル以上25ミリメートル以内と決められています。

 防犯上、ほかの印鑑との兼用や家族での使い回しはせず、既製品ではない自分専用の物を作成してもらうのが一般的です。

 実印が使われるのは、主に以下の用途です。

・公正証書の作成
・金銭その他貸借証書、契約書
・不動産取引き
・遺産相続
・保険金や補償金の受領
・官公庁での諸手続き

銀行印

 銀行や証券会社等に口座を開設する際に届け出た印鑑を銀行印と言います。こちらも既製品は使わない方が良いでしょう。稀に実印と兼用する人がいますが、防犯上おすすめしません。

 銀行印が使われるのは、主に以下の用途です。

 ・銀行の口座開設や諸手続
 ・証券会社の口座開設や諸手続

認印

 一般的な申し込みや、宅配便などの荷物の受け取りに使われるのが認印。苗字のみの既製品が使われることが多く、三文判とも呼ばれます。インク浸透印、ゴム印なども認印として使われます。

スポンサードリンク

違い

 実印、銀行印、認印は、上述したようにそれぞれ用途や重要度が違います。そして、用途と重要度に応じて、材質や大きさ、デザインも自然と変わってきます。

 では、店頭で売っている印鑑のどれが実印で、どれが銀行印なのかというと、どれでもありません。その印鑑を実印にするか銀行印にするか、認印に使うかは本人が決めることで、店が決めるものではありません。

同じ

 実印、銀行印、認印。印鑑を3つも使い分けるのは管理も面倒だし、同じ印鑑で使い回しても大丈夫でしょうか?。これは防犯上絶対にするべきではありません。

 同じ印鑑を複数の用途で使い回すと、それだけ使用頻度が上がり、外部に流出するリスクが高まるからです。特に認印は様々なところで使いますし、持ち歩く機会も多くなります。もし実印や銀行印と認印を兼用していた場合、複製されて悪用され、とんでもないことになりかねません。家族で同じ印鑑を使うのも、認印以外は御法度です。

 悪用されることを防ぐために、実印と銀行印、認印は必ずそれぞれ別に用意しましょう。特に実印と銀行印は既製品を使わず、自分専用に作った物を使って下さい。

女性

 女性の場合、気をつけるのが結婚で姓が変わる事です。男性でも婿養子に入った場合、姓が変わるので、当然印鑑も作り直さなければなりません。実印も登録し直しが必要ですので、忘れないように。
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA