仏滅や大安、友引の意味、葬式や納車はどうする?

 仏滅や大安、友引。日本のカレンダーには大体記入されていますし、仏滅には結婚式をしないとか、日本人の生活にも溶け込んでいます。

 では、その意味や、何故仏滅に結婚式を挙げないのかを知っているでしょうか?。

スポンサードリンク

六曜

 仏滅や大安を六曜と言い、暦注の一つで、

・先勝
・友引
・先負
・仏滅
・大安
・赤口

 の6種あります。起源は中国と言われていますが、それ以上のことは判っていません。

 一説によれば、諸葛亮が発案し軍略を立てるのに利用していたとの説もありますが、これは後世の作り話とされます。また、唐の李淳風の作との説もありますが、これも仮説の一つに過ぎず、本当の所は不明です。

 鎌倉時代の末期から室町時代の初期にかけて日本に伝わったと考えられ、江戸時代には庶民の暦に記載されていました。

 六曜は本来仏教とも神道とも、勿論キリスト教とも無関係であり、大安だから葬式をしないとか仏滅だから結婚式をしない、と言うのは実は全く根拠がありません。

意味

 では、仏滅や大安、友引にはどんな意味があるでしょう?。
 

先勝

 「せんしょう」「せんかち」または「さきがち」と読みます。意味は「先んずれば即ち勝つ」で、何事も急ぐのが吉。また、午前中は吉ですが、午後2時から6時までは凶であるとされます。
 

友引

 読み方は「ともびき」、意味は「凶事に友を引く」。元は「共引」で、勝負事が引き分けになる日とされていました。これが陰陽道の友引日と混同された、と言われています。

 また1日の間でも「朝は吉、昼が凶で夕は大吉」で、葬式には向かない日とされ、最近はそうでもありませんが、かつては多くの火葬場・葬祭場が友引を休業としていました。
 

先負

 読み方は「せんぶ」か「せんぷ」、「せんまけ」、「さきまけ」で、先勝の逆で「先んずれば即ち負け」。勝負事や急用は凶であるとされ、何事にも平静であることが吉とされます。

 また、午前が凶で午後が吉、ともされます。
 

仏滅

 読み方は「ぶつめつ」、意味は「仏も滅するほど大凶の日」。元々は「物滅」だったものが、近年になって仏の文字が当てられて仏滅になったと言われています。六曜の中で一番凶の日とされ、この日には慶事を避ける風習があります。

 仏陀(釈迦)が入滅した日、と誤認されることがありますが、上述したように六曜と仏教は無関係。旧暦で2月15日(釈迦入滅の日とされる)が必ず仏滅になるのも単なる偶然です。

スポンサードリンク

 

大安

 読み方は「たいあん」、意味は「大いに安し」。かつては「泰安」と書かれていました。
 六曜の中で一番吉の日で、何をするにも吉。そのため、結婚式等の慶事には大安が好まれます。
 

赤口

 読み方は「しゃっこう」、「しゃっく」、「じゃっく」、「じゃっこう」、「せきぐち」。午の刻(午前11時~午後1時頃まで)が吉で、それ以外の時間帯は凶とされます。

 何をするにも悪日ですが、既に書いたように午の刻は吉で、法事にも良い。

 また、刃物と火の元に注意するべき日とされます。

葬式

 「慶事には大安が好まれる」と書きましたが、では葬式はどうでしょう?。

 六曜の中で、葬式をしない方が良いとされるのは友引です。この日に葬式をすると、冥土に友が引き寄せられる、と言う俗説があります。地方によっては、「棺に人形を入れておけば友を連れて行かない」として、棺に人形を入れて友引に葬式を行う所もあります。

 友引以外では、特に葬式に向かない日はありませんが、仏滅を避ける地方もあります。

通夜

 通夜も友引を避けます。仏滅も葬式を避けることはあっても、通夜は問題ないとされます。

結婚式

 一番人気は大安です。次が友引。避けられるのは仏滅で、昔からこの日に結婚式を挙げるケースは少なく、結婚式場では仏滅に料金の割引などが行われるほどです。

入籍

 入籍は只の法的な手続きであり、仏滅でも関係ありませんが、やはり大安を選ぶ人が多いようです。

納車

 自動車の納車も、仏滅は縁起が悪いとして、特に年配の方では避ける人が多いようです。こちらも大安か友引が好まれます。

まとめ

・仏滅や大安、友引は六曜の一つで起源は中国。由来は不明。
・仏教や神道とは無関係。
 
 俗説や迷信の類いであり、気にしなければ気になりません。「信じるか信じないかは貴方次第」、と言う事です。

参考:六曜 – Wikipedia

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります