硬水と軟水の違いとは?、基準は?、日本はどっち?

 ミネラルウォーターなどで、「硬水」とか「軟水」と言う区別がありますが、具体的に何が違うのでしょう?。

 硬とか軟とか、水に硬さがあるのでしょうか?。普段私たちが飲んでいる水は、硬水なのか、軟水なのか。そして、どちらを使った方がいいのか?。

スポンサードリンク

水の硬度

 水の硬度と言うのは、一言で言うと水1000ml中に含まれるミネラルの量を数値化した物で、単位は mg/l で表されます。ミネラルと一言で言っても様々ありますが、高度を決める基準となるのはカルシウムとマグネシウムです。

 この硬度、日本で一般に使われる基準と、世界保健機構(WHO)の基準には違いがありますので、下にまとめます。

  日本 WHO
軟水 0~100mg/l 未満 0~60mg/l 未満
中硬水 100mg/l以上~300mg/l未満 60mg/l以上~120mg/l未満
硬水 300mg/l以上~1000mg/l未満 120mg/l以上~180mg/l未満
非常な硬水 1000mg/l以上 180mg/l以上

参考:水の性質「軟水と硬水」|長崎市科学館

硬水と軟水の違い

 上の表にある通り、硬水と軟水の違いは、含まれるカルシウムとマグネシウムの量の違いです。

 ヨーロッパや北米では硬水が多く、逆に日本の水の8割は軟水だと言われています。ただ、日本も地域によっては硬水の所もあります。

参考:全国浄水場浄水の硬水分布マップ

スポンサードリンク

 

 水そのものの味は、硬水と軟水で違いがあるのでしょうか?。勿論あります。

 軟水は文字通り口当たりが柔らかく、飲みやすい。一方硬水は口当たりが重く癖があり、苦味を感じることもあります。
 

調理

 一般的には、素材の旨みを引き出す料理には軟水が向いています。特に、出汁を取るなら軟水です。それって和食じゃない?、と思った方その通り。日本は軟水の国で、その環境で発展してきた和食は、軟水であることを前提にしている料理と言って過言ではありません。お米を炊くのも、味噌汁を作るのも、やはり軟水が一番です。

 ならば料理は全て軟水を使ったほうがいいのかと言うと、必ずしもそうではありません。例えば、肉の煮込み料理の場合は灰汁が出やすく、臭みを消したりする効果があります。また、糊化が抑制する効果があり、ジャガイモの煮崩れを防ぎます。

 和食が軟水を使って発展してきたように、欧米の料理は硬水を使って発展してきました。そのため、俗に言う西洋料理では硬水が向いていると言えます。
 

 お茶を入れる場合も、旨みを引き出す軟水の方が美味しくなります。日本茶も紅茶も同じです。

参考:お茶(日本茶・緑茶)と水 京都・舞妓の茶本舗
参考:紅茶の種類|英国紅茶専門店ロンドンティールーム
 

コーヒー

 日本茶と紅茶は軟水ですが、コーヒーは少し事情が違います。コーヒーの場合、軟水だと酸味が、硬水だと苦味が引き立つ傾向があるので、好みに合わせて硬度を選んで下さい。一番バランスがいいのは軟水~中硬水で、普段飲み慣れているコーヒーの味です。

参考:店長のコレやってみよう! コーヒーをおいしくいれられる水を探してみよう! – ほの珈琲
 

入浴

 入浴には軟水がお勧めです。特に肌が弱い、乾燥などのトラブルを抱えているなら。硬水はミネラルが肌を刺激しますし、洗髪すると同じくミネラルの影響で髪がゴワつきます。

 海水浴をした後髪がゴワついた事がないでしょうか?、あれも海水に含まれるミネラルの影響です。

 また、石鹸の泡立ちがいいのも軟水の特徴です。
 

洗濯

 軟水は石鹸の泡立ちが良いので、洗濯にも適しています。硬水に含まれルミネラルは石鹸の成分と結合、金属石鹸と呼ばれる石鹸カスを作り出して洗浄力を低下させます。しかもこの金属石鹸、ただ洗浄力を低下させるだけで無く、それ自体が洗濯物に付着して汚れの元になるのです。

 硬水が一般的なヨーロッパ等では、洗濯に使う水は薬剤を使って軟水化させる地域もあります。

参考:軟水、硬水-洗濯に適しているのはどっち? | クリーニングのエブリ
 

ダイエット

 ここまで旗色の悪い硬水ですが、実はダイエットに向いている、と言われています。

 ミネラルが不足すると代謝が低下、太りやすくなるのですが、硬水はこのミネラルを補ってくれるのです。また、カルシウムには脂肪の吸収を阻害する効果があります。

 そして、マグネシウムには便秘を改善する働きがあります。ダイエットではどうしても食事のバランスが悪くなり、結果便秘になるケースが多いので、その意味でも硬水はダイエット向きと言えます。

 この他、パナジウムと言うミネラルに血糖値を下げる効果があり、これもダイエットに効果的だと言われています。

 注意
 硬度は高くなるほど胃腸には負担になります。また、もともと便通のいい人は、硬水で下痢を起こす人がいます。体に合わない、と思ったら無理せず使用を中止しましょう。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります