初節句、女の子はいつ、二月生まれは、お祝いは?

初節句
 女の子の節句は平安時代から続く、子供の健やかな成長を願う風習です。特に初節句は両家の両親や親戚等を招き、縁起物のご馳走でもてなすなど盛大に祝われます。

スポンサードリンク

初節句とは

 生まれてから最初に迎える節句を初節句といい、盛大に祝う習慣があります。

女の子はいつ?

 女の子の節句は、ご存じ3月3日の上巳の節句(桃の節句)に行います。

二月生まれは

 生まれてから最初に迎える節句を初節句と書きましたが、2月生まれの場合、つまり3月3日の時点で生後1ヶ月以内の場合、翌年に初節句を持ち越す事が多いようです。実際生まれてすぐに初節句の準備までするのは大変ですし、2月に生まれた子供の初節句は翌年にする人が多くなっています。

お祝い

 女の子の場合は雛人形を飾り、家族(祖父母)、親しい親戚等で祝いの膳を囲みます。
 

料理

 桃の節句の祝いの料理は、ちらし寿司やはまぐりの吸い物、白酒が一般的です。

贈り物

 また初節句の時だけは、お祝いの品や現金を贈ります。ただし、お祝いを贈るのは親族だけです。
 

金額

 お祝いに現金を送る場合、その金額に決まりはありません。

 祖父母の場合、5万円~。雛人形などの購入資金として贈られるケースが多くなっていますが、雛人形も種類によって値段は様々です(五段飾りで15万円前後)。

 親戚や兄弟姉妹の場合、2万円~3万円か、プレゼント+現金(5000円~10000円)のケースが多いようです。

表書き: 「祝初節句」「御祝」「初節句御祝」「祝御初雛」「初雛御祝」。
水引き: 赤白の5本または7本、結びは花結び(蝶結び)もしくは鮑結びを用います。
のし紙: 花結び(蝶結び)に、赤金の5本か7本の水引きを用いるのが基本です。
 お札は新札を用意し、枚数は四(死)や九(苦)にならないように。
 

品物

 お祝いに品物を送る場合、祖父母は雛人形を贈るのが一般的です。その際は住宅事情を考慮し、両家で同じ物を贈らないよう両親も交えて、父方と母方とで相談しましょう。

 親戚や兄弟姉妹は、衣類、玩具類、ギフト券などが一般的です。
 

どちらの親?

 昔は、初節句の雛人形は母方の実家から贈る、と言う習わしがありましたが、最近はあまり拘らなくなっています。
 

贈る時期

 ・現金や商品券は当日までに。
 ・雛人形以外の商品は1週間前までに。
 ・雛人形は、2~3週間前までには。

お返し

 お祝いを頂いたお返しは、基本的には初節句の祝いの席へ招待する事です。そのため、お返しは特に必要ありません。それでも、お返しをしたい場合、祝いの席を欠席した方などへお返しの品を贈る場合、頂いたお祝いの金額(品)の3分の1から半額程度の祝い菓子を贈るのが一般的です。その際、お礼の品に、お礼状と写真を添えましょう。
 

品物

 紅白のお砂糖やかつお節などが定番ですが、最近は子供の名前を入れたカステラなども人気のようです。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります