師走とは、その意味と由来は?

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 暮れも押し詰まると、新聞やテレビで頻繁に「師走(しわす)」という単語を見聞きするようになります。この師走と言う単語、どう言う意味なのか考えた事はありますか?。

 1月から12月までの月にはそれぞれ別称があり、師走は12月の別称なのです。

スポンサードリンク

師走とは

 1月:睦月(むつき)
 2月:如月(きさらぎ)
 3月:弥生(やよい)
 4月:卯月(うづき)
 5月:皐月(さつき)
 6月:水無月(みなづ き)
 7月:文月(ふみづき)
 8月:葉月(はづき)
 9月:長月(ながつき)
 10月:神無月(かみなづき、かんなづき)
 11月:霜月(しもつき)

 そして、12月が師走(しわす、しはす)、となっています。

意味と由来

 では、師走の意味と由来は一体なんでしょうか?。実は、諸説あってよく判っていません。

説1: 僧侶(師とは僧のこと)が仏事で走り回る忙しさから、という平安時代からの説。古い説であり、文字の意味とも合っている事から有力と思われがちですが、平安時代すでに「しはす」の意味や由来は不明でした。師走の文字も、この説に合わせて後から付けられたと言われています。
 
説2: 師匠とか先生が忙しく走り回る月であるから、と言う説。
 
説3: お寺や神社などへ参拝しに来る人々を案内し、参拝・宿泊などの世話をする人を御師と言い、12月は御師が一番忙しい時期なため師走という説。
 
説4: 「年が果てる」と言う意味の「年果つ(としはつ)」が変化した、と言う説。
 
説5: 12月は1年の終わりの月であることから、総仕舞いの意味の「仕極(しは)つ」だと言う説。
 
説6: 1年の終わりの物事をなし終えるという意味である「為果つ月(しはつつき)」だと言う説。歳が果てる月の「としはつるつき」や、年が終る月の「としはするつき」が変化したという説。
 
説7: 四時(春夏秋冬)が果てる、つまり季節が終わる意味の「しはつ」が変化したという説。
 
説8: 万葉集に「十二月(シハス)には 沫雪降ると 知らねかも 梅の花咲く含めらずして」とあり、日本書紀には「十有二月(シハス)」と記されています。師走は、その当て字だと言う説。
 この他にも、師とは師団の師で、「年末になると兵隊さんがバタバタ走る」という説もあります。ただし、師団と言う言葉が使われたのは明治維新以降の話なので、いかにも後付けの説です。

 では、日本書紀にも記される「シハス」に「師走」の文字が当てられたのはいつなのか?。と言うと、これもハッキリしませんが、意外と新しいようです。と言うのも、元禄時代に書かれた日本歳時記と言う書物でも師走という漢字が使われていないのです。

 まとめ
 ・師走は12月の事。
 ・シハスと言う言葉が奈良時代からあった。
 ・師走の由来には諸説あり、正確な起源は不明。
 ・説の多くは後付け。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>