おせち料理の意味

 最近では中華や洋食など、様々なおせち料理がありますが、おせち料理は元々日本の行事食で、重箱への詰め方にも決まりがあり、料理や素材もそれぞれが意味を持っています。重箱は五段(または四段)ですが、最近では三段のものも多くなっているようです。

スポンサードリンク

祝い肴(一の重)

黒豆

黒は道教において邪除けの色とされ、またマメに働けるようにとの願いが込められています。

数の子

数の子は卵の数が多く、子孫繁栄を願ったものです。

田作り

イワシの幼魚の佃煮で、イワシを肥料とすると米が豊作となったのが由来。別名ごまめ(五万米)とも呼ばれ、五穀豊穣を願ったものです。

たたきごぼう

ごぼうは、地中深く根を張るので、家(家族・家業など)がその土地にしっかりと根を張るように。そして、その色や形が黒い瑞鶏(豊作の象徴)に似ていることから豊作を願って食べられました。

口取り(二の重)

紅白かまぼこ

形状が初日の出の形に似ることから、紅白の色の縁起の良さから。

伊達巻

巻物の形は書物に似た形から、学問や習い事の成就を願って。

栗金団

「金団」とは金色の団子という意味で、金銀財宝を意味しており、金運の縁起物。

搗ち栗

搗ち栗(かちぐり)は「勝ち」に通じることに由来。

お多福豆

文字通り、福が多い事を願ったもの。

焼き肴(三の重)

鰤の焼き物

出世魚である鰤(ぶり)にあやかり、出世を願ったもの。

鯛の焼き物

「めでたい」の語呂合わせ。

海老の焼き物

腰が曲がるまで丈夫という、長寿を祈願した縁起物。

鰻の焼き物

”鰻登り”、から出世を祈願。

煮物、酢の物(与の重:四は忌み数字で使用しない)

紅白なます

大根と人参を用いたなますで、祝い事に用いる紅白のの水引にあやかる。

ちょろぎ

植物の根をシソ酢で赤く染めたもの。「長老木」、「千代呂木」あるいは「長老喜」の字をあて長寿を願う。

酢蓮

蓮根には穴が多数あり、将来の見通しがきくという意味の縁起かつぎ。

昆布巻き

”喜ぶ”の語呂合わせ。

八ツ頭

サトイモの栽培品種で、子芋がたくさん付くことから、子宝に恵まれる事を願ったもの。

金柑

”金冠”にかけて、金運の縁起物。

くわい

大きな芽が出ることから「めでたい」。また、”芽が出る”ことから、出世を祈願したもの。

五の重(控えの重)

料理が入らない空のまま。これは、現在が満杯(最高)の状態ではなく将来さらに繁栄する余地があることを示している、との説があります。

 料理の中でも祝い肴の3つ、関東では「数の子、黒豆、田作り」、関西では「数の子、黒豆、たたきごぼう」は”祝い肴三種”と呼ばれ、祝い肴と餅を揃えれば最低限の正月の祝いができますが、逆にどんなに贅沢な料理を揃えても、祝い肴がないと正月の祝い膳としての体裁が整わないと言われます。

お正月関連記事
喪中のお正月の過ごし方
鏡餅、いつから飾っていつ片付ける?
年賀状の書き方

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります