おせち料理の由来

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

今年も残す所2ヶ月を切りました。正月につきものと言えば、御節料理です。しかし、この御節料理、いつから、そして何故食べるようになったのでしょうか?。

 御節料理(おせち料理)の”おせち”とは、「御節供(おせちく、おせつく)」の略で、中国から伝わった五節供の行事に由来し、奈良時代には朝廷内で節会(せちえ)として行われていました(ただし、新年を祝う料理を食べるという習慣自体は、弥生時代からあったと言われています)。

 この五節供の”節”とは、唐時代の中国の暦法で定められた季節の節目のことで、1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の上巳(じようし)、5月5日の端午(たんご)、7月7日の七夕(しちせき)、9月9日の重陽(ちようよう)の五つ。陰陽道では奇数を陽数として奇数の重なる日を縁起の良いものとする反面、陰に転じやすいとされ、邪気を払う行事が行われていたのです。1月は1日でなく7日としてありますが、1月1日の元日を別格とした、など様々な説があります。

スポンサードリンク

 おせち料理は、元々この五節供に作られた料理でしたが、節日のうち最も重要なのが正月であることから、次第に正月料理を指すようになっていったものです。つまり、本来おせち料理とは正月にだけ作られる物では無く、年に5回の節の日に作られていたものだったわけです。

スポンサードリンク

 一般に広まったのは江戸時代。当初は宮中や貴族社会で行われていたものが、江戸時代に「五節供」が式日(現在の祝日)に制定されてからです。明治になって五節供は廃止されましたが、今でも年中行事の一環として定着しています。
 重箱に御節料理を詰めるようになったのも明治時代以降と言われ、組になった重箱を重ねるのは、めでたさを「重ねる」という意味で縁起かつぎです。この手法が完全に確立した時期は第二次世界大戦後で、デパートなどが見栄えの良い重箱入りの御節料理を発売したことによるとも言われます。

 料理はいずれも火を通したり干したり、あるいは酢に漬けたり味を濃くするなど、日持ちする物になっています。これは正月の3日間は火を使わず、料理をしないと言う平安後期からの風習のためで、「かまどの神様に休んでもらうため」、「女性を休ませるため」、「静かに年神様を迎えるため」、と言った説があります。つまり、おせち料理は無病息災や五穀豊穣を願うと共に、保存食としての意味もあるのです。

お正月関連記事
喪中のお正月の過ごし方

おせち料理の意味
鏡餅、いつから飾っていつ片付ける?
年賀状の書き方

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA