冷え性の原因は食べ物や自律神経、ホルモン。対策は?

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

 寒い季節は勿論、夏場でも体が冷えて温まらない冷え性。厚着をして熱いお風呂に入って、暖房も効かせているのにちっとも温まらない。本人にとってはかなり辛い物です。

 しかも、冷えは肩こりや腰痛、頭痛、不眠、そして不妊の原因になるとも言われます。
 冷え性には食べ物や喫煙、そしてホルモンの乱れ等様々な原因があります。

スポンサードリンク

冷え性の原因

 冷え性の原因は一つではありませんが、ほとんどは生活習慣に起因します。
 

食べ物

 外食ばかりで栄養バランスの悪い食生活を送っていたり、インスタント食品や甘いお菓子、炭酸飲料などを大量に摂取していると、ビタミンやミネラルが不足します。

 ビタミンやミネラルには、糖質を熱やエネルギーに変える働きがあるため、これらが不足すると熱やエネルギーが不足して体が冷えます。

 食べない系や特定の物ばかり食べるダイエットも原因です。
 

筋肉

 人間の体は筋肉が動く事で熱を発します。また、筋肉はその動きによって血液を送り出す働きがあります。しかし、筋肉量が少ないと体内で発生する熱量が少ない、つまり基礎代謝が少なくなります。また、血液を送り出す働きが低いために血行不良をおこし、体の末端部分(手や足)の血流が少なくなって冷えるのです。

 女性に冷え性が多いのは、筋肉量の少なさが原因の一つと言われます。
 

自律神経

 自律神経のバランスが崩れると、体温調整機能が低下、血流のコントロールも困難になり、冷え性になります。

 自律神経のバランスを崩す原因は、日々のストレスや温度変化。自律神経は温度変化に弱く、

 ・クーラーによる冷やしすぎ。
 ・冷暖房による室内外の温度差。
 ・熱過ぎる風呂に入る事。

 によって自律神経はバランスを崩します。そして、一度乱れた自律神経は中々元に戻りません。
 

ホルモン

 女性の場合生理や妊娠、出産、そして更年期や閉経による女性ホルモンが乱れが自律神経のバランスを崩す原因になります。

 さらに、甲状腺機能低下症と言う病気により、甲状腺ホルモンが減少する事でも冷え性になります。
 

血液

 血液そのものが原因となる事もあります。いわゆるドロドロ血の状態になると、血行不良を起こして冷え性の原因となります。ドロドロ血の人は静電気が発生しやすい体質になっているので、もし冷え性で静電気体質だったら、ドロドロ血になっている可能性が高いと言えます。

 また貧血や低血圧も冷え性の原因です。冷え性と同時に動悸や息切れ、だるさ、疲れやすさを感じたら貧血か低血圧の可能性があります。
 

喫煙

 タバコを吸うと血管が急激に収縮し、血行不良を起こし、冷え性の原因になります。
 

便秘

 便秘になっている人は、腸のぜん動運動が行われず基礎代謝が低下。体内で熱を作る能力が低下します。
 

服装

 きつい下着やストッキング、靴など、体を締め付ける服装によって血流が妨げられると、冷え性を起こします。

スポンサードリンク

対策

 冷え性を改善するには、上述した原因に対応した対策が必要です。冷え対策のサプリメントも色々ありますが、原因と合っていないと効果は望めません。
 

食べ物

 ジャンクフードやインスタント食品、肉食中心の食事。そして、お菓子や炭酸飲料等を中心の食生活を改めて下さい。実は、こうした不健康な食事は体内に活性酸素を増やして血液を酸化させ、ドロドロ血の原因にもなります。
 野菜や大豆食品、魚介類を中心とした食事でビタミンやミネラルを摂取。しっかり熱やエネルギーを作り出せる食事をしましょう。野菜は熱を通した物、生野菜両方摂るのが理想的です。

 ドロドロ血の活性酸素対策には各種ポリフェノールも有効です。しかし、それ以上に活性酸素の除去に効果的なのが水素水と呼ばれる水です。美容効果やダイエット効果があるとして話題になった水ですが、ポリフェノール以上の酸化還元力があります。

 水素水は自宅で作れる水素水サーバーがあります。

 その他、水素のサプリメントも。

 また、貧血や低血圧の原因も毎日の食生活であることが殆どです。貧血については関連記事「貧血の原因と対策、男性の場合と女性の場合」をご覧下さい。

 そしてもう一つ、便秘も食事が原因です。肉や甘い物を中心とした食事は腸内に悪玉菌を増やし、便秘を引き起こします。野菜や海藻類に含まれる食物繊維と、ヨーグルトや納豆等の発酵食品で腸内の善玉菌を増やして下さい。

 オリゴ糖も善玉菌を増やします。

妊婦

 

自律神経

 人体は温度差が5℃を超えると対応できません。クーラーを使う時は室内外の温度差が5℃以内になるように、直接エアコンの風が体に当たらないようにしましょう。

 これは暖房でも同じ事で、温めすぎはよくありません。また、暖房の使いすぎは、自分で熱を発する能力を低下させ、冷え性の原因になります。
 

風呂

 そして、冷え性の人はお風呂の温度にも注意して下さい。自律神経は温度変化に弱いため、41℃以上の熱い湯船に長時間入っていると、バランスを崩して交感神経が優位となり血管が収縮、血行が悪くなるため益々冷え性が悪化してしまいます。そして、自律神経は一旦乱れると中々元に戻らないので、風呂から出た後も乱れた状態が続き、自律神経の乱れが慢性化してしまいます。

 また、急に湯船に入ると、やはり温度差が自律神経に悪影響を与えます。必ずかけ湯をして、少しづつ体を慣らし下さい。

 入浴時間も長すぎるのはよくありません。15分程度にして、その内全身浴を5分、半身浴を10分。全身浴と半身浴が1:2になるのが理想的です。

 「 温度は39℃~40℃、入浴時間は15分、全身浴と半身浴が1:2 」を心がけて下さい。
 

ホルモン

 甲状腺機能低下症や女性ホルモンの乱れの場合は、医療機関を受診して下さい。
 

運動

 運動する事で筋肉が動き、それだけで血流が改善され冷え性に効果があります。特に足の筋肉を使う事は血流の改善に効果的です。また、筋肉量が増えれば基礎代謝が向上し、冷え性の改善につながります。
 

禁煙

 煙草が人体に与える悪影響については、今更説明するまでも無いでしょう。禁煙を強くお勧めします。

 最後に
 冷え性には様々な対策グッズも市販されていますが、グッズで一時的部分的に温めた所で解決しません。食事や冷暖房の温度調整、運動などで根本的に改善しましょう。
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
Share on reddit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>