髪の毛、服、指先の静電気。原因と除去方法、予防対策

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 毎年空気が乾燥してくると、出てくるのが静電気。金属に触れる度にバチッとなって、指先に痛みが走ったり、衣類が埃を吸ってしまったり、髪の毛が広がってしまったりと、実に鬱陶しいものです。

 自然現象だから仕方が無いと、半ば諦めかけている人もいるかもしれませんが、しっかり対策すれば、静電気の除去や予防は不可能ではありません。

スポンサードリンク

原因

 静電気の原因で最も多いのは、物と物との摩擦による摩擦帯電です。子供の頃、プラスチックの下敷きを服にこすりつけて、頭の上にかざして髪の毛を逆立てた事がありますよね?。あれがそうです。

 その他、物が離れる時に起きる剥離帯電と言うのもあります。

 冬は多くの衣類を着込んでいるため摩擦帯電や、服を脱ぐ時の剥離帯電が起きやすく、更に乾燥がそれに拍車をかけます。
 

静電気体質

 世の中には、どうしても静電気が発生しやすい「静電気体質」の人がいます。静電気体質の人は、体に溜まった電気をうまく放電できません。詳しくは「静電気体質の原因と改善方法」をご覧下さい。

除去する方法

 静電気を除去する方法は意外と簡単です。要は体に帯電した電気を逃がしてやればいいわけで、そのためには、とにかく金属以外の何かに触ることです(ただし、ガラスやゴムは電気を逃がさないので、ガラスやゴム以外の物に)。
 壁でも地面でも、ドアでも木製部分に触れた後に金属のノブに触れれば大丈夫です。

 もう一つが身代わり。鍵やキーホルダー、ピンクリップなどを握ってドアノブなど金属部分にタッチ。バチッとなりますが、大丈夫です。コツはしっかり握ること。こうして放電させた後で金属部分に触れて下さい。
鍵でドアノブにタッチ
 

スカート

 静電気でスカートがまとわりついて困る、と言う時、スカートの裾を集めるようにして手で何度か強く握ると放電出来ます。

 それでも静電気が残っている時は、静電気除去スプレーを使いましょう。
 

髪の毛

 大きな原因は乾燥です、スプレーなどで軽く水分を与えます。また、静電気除去スプレーも有効です。
 

グッズ

 静電気除去シートや静電気除去スプレーなどがあります。

 しかし、ブレスレッドやシュシュは効果が低いと言われます。これらは空気中に静電気を放電するための物ですが、この効果は非常に低いと言わざるを得ません。

 ネット上で評価が高いのは、カーメイトの静電気除去機能付キーホルダーです。

 もう一つが、静電気防止サンダル。

スポンサードリンク

防ぐ対策

 静電気を除去する方法がわかったら、次は静電気を発生させないための対策です。
 

乾燥

 静電気は乾燥すると発生しやすくなります。何故かというと、空気中の水分が少なくなる、つまり電気を伝える物質が少なくなることで、電気を空中に放電できなくなるからです。

 静電気は湿度20%以下で発生しやすいと言われますので、加湿器などを使って室内の湿度を出来れば40%以上に保ちましょう。
 

 服の素材によってプラスに帯電しやすい物、マイナスに帯電しやすい物があります。プラスに帯電しやすい素材の衣類と、マイナスに帯電しやすい素材の衣類を重ね着すると静電気が発生しやすくなりますので、素材に注意しましょう。

 毛皮
 ウール・羊毛
 ナイロン
 レーヨン
 絹
 革
 木綿
 麻
 ポリエステル
 アクリル
 塩化ビニル

 上記の素材は上に行くほどプラスに帯電しやすく、下に行くほどマイナスに帯電しやすい性質を持っています。ですので、塩化ビニルを使用している衣類と、ウール・羊毛を使用している衣類を重ね着すると静電気が発生しやすくなります。なるべく上記の素材で近い物同士でコーディネートして下さい。ストッキングとの組み合わせにも注意です。
 

髪の毛

 キューティクルが痛むと摩擦が起きやすくなり、静電気の原因になります。あまり髪をゴシゴシ洗わないように、そして洗い流さないトリートメントを。

 そして、ブラッシングをする前に髪に水分を与えておきます。蒸しタオルで髪を濡らすのが効果的です。また、ブラシはプラスチック製(ナイロンブラシ)ではなく、つげ櫛(つげぐし) や、豚毛・猪毛・木製などの100%天然のものを使いましょう。

 この他、科学的根拠は無いと言われますが、マイナスイオンドライヤーは勧める人が多いです。
 

静電気防止スプレー

 静電気防止スプレーを、擦れやすい箇所に均一にスプレーします。静電気防止スプレーがなければファブリーズやリセッシュ、洗濯用柔軟剤を希釈しても、または只の水をスプレーするだけも違います。

 車のシートなどにもスプレーしておくと、乗り降り時の静電気を防げます。
 

ハンドクリーム

 ハンドクリームを少し太もも、膝上くらいまで塗ります。生足でも、ストッキングの上からでも構いません。クリームに含まれる保湿成分が、水分を長時間保ち、静電気を防ぎます。
 

革靴

 革製品は電気を通すので、革製の靴を履いていると、体に帯電した電気静電気が少しずつ足から地面に抜けていきます。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA