エアコンの暖房が暖まらない、雪の日に止まる原因と対策

エアコン

 エアコンをつけているのに、暖房運転にしているのにちっとも暖まらない、と言う事はありませんか?。雪のに日何故かエアコンが止まってしまったりとか。

 アパートなどでは石油ストーブやファンヒーターの使用が禁止されている所も有り、エアコンが重要な暖房器具なのに、これが暖まらないと厳しいですね。

 雪の日にエアコンをつけても暖まらない原因と、止まる原因。そして、どんな対策を取れば良いのかかとめました。

スポンサードリンク

暖まらない原因

 最初はエアコンをつけても暖かくならない原因、考えられることは幾つかあります。
 

 実は、エアコンの室外機は寒さに弱いのです。寒冷地用の製品でない場合、大体4℃以下になると、暖房効率が低下します。そして、室外機の熱交換器(アルミのフィン)に霜が降りたり凍り付くと、エアコンは霜取りモードになります。

 最近は対策した製品もあるようですが、通常霜取りモード中は温風は出ません。

また、霜取り運転中は室外機から水や湯気が出る事がありますが、これは故障ではなく、霜が溶けることで発生しています。詳しくは、各メーカーのサイトも参考にして下さい。

参考:三菱電機よくある質問
参考:パナソニックよくある質問

*裏技として、冷房にすると素早く霜が取れると言う話があります。冷房の時は、室内の熱を室外機を通じて外に放出するので放熱フィンの温度が上がり、霜が取れる、と言う理屈のようです。
 

 雪もエアコンの大敵です。雪が降ると言う事は、当然気温は低いですし、室外機に雪が積もって空気の吸い込みが出来なくなったり、放熱フィンに雪が付着して凍り付くと霜どころではありません。

室外機

 これが通常の室外の放熱フィンの状態ですが、大雪が降ると下のようになります。

雪の室外機

 放熱フィンが凍り付いています、こうなるとエアコンは機能しません。

室外機フィン

 こちらは放熱フィンのアップです。室外機がこんな状態になっていませんか?。
 

障害物

 霜取りモードになっていなくても、エアコンの室内機の直下に障害物があると、温風の循環が妨げられて部屋全体が暖まりません。また、室外機の前に障害物があると、空気の吸い込みが出来ず、暖房効率が低下します。

 室外機とその周辺に積もった雪も立派な障害物です。
 

設定温度

 室外機には異常が無く、霜取りモードにもなっていないのに暖まらない、と言う場合は設定温度を確認しましょう。当然ですが、設定温度が低いと、自動的に温風が止まってそれ以上暖まりません。
 

フィルター

 エアコンは動いているし設定温度も正しいのに暖まらない、と言う場合はエアコン本体のフィルターを見てみて下さい。フィルターが汚れて、埃が溜まっていたりすると送風が妨げられ、効率が極度に低下します。
 

熱交換機

 本体のフィルターを外したら、その奥にある熱交換機(アルミのフィン)もチェックして下さい。ここに汚れや埃が溜まっていると、同じく効率が低下します。
 

部屋の広さ

 例えエアコンが正常に動作していても、部屋の広さに比べてエアコンの容量が小さいければ暖まりません。使っているエアコンが何畳用なのか、取扱説明書で確認しましょう。
 

湿度

 人間の体は湿度が低いと、温度が低いと感じます。こう言うのを体感温度と言い、適度な湿度は40%~60%です。冬は空気が乾燥しやすいので、体感温度は下がりやすくなります。部屋の湿度を調べて下さい。
 

ガス

 エアコンは熱交換にガスを使っています。何らかの原因で、このガスが抜けてしまうと暖房も冷房も出来なくなります。

 ガスが切れているかどうかは、室外機の配管接続部を確認します。普段はカバーで覆われているので、外して下さい。
室外機
 写真の部分、室外機と配管パイプの接続部が暖かければガス切れではありません(ただし、使用状況によっては100℃以上になることがあります。必ず軍手などを着用して下さい)。しかし、暖房運転中もパイプの接続部が冷たいままなら、ガスが抜けているか、ガスを循環させる部分の故障です。

スポンサードリンク

エアコンが止まる原因

 暖まらない、と言う以前にエアコンが止まっている、動かない場合に考えられる原因について、ここでは3つ挙げます。
 

霜取りモード

 エアコンの霜取りモードについて最初に書きましたが、この霜取りモード、長時間続くと故障防止のため自動停止する事があるのです。
 

雪と氷

 雪や氷が室外機に入り込むと、ファンが回らなくなってエアコンが止まることがあります。
 

故障

 霜取りモードになっていないのにエアコンが止まる、と言う時は故障の可能性があります。エアコンのスイッチを入れて、室内機と室外機が動いているか確認して下さい。どちらかが止まっているようなら故障です。

 注意
 ここで一つ注意しなければいけないのは、ブレーカーです。エアコンは消費電力が大きいため、専用のコンセントを使うことがあります。専用のコンセントには専用のブレーカーがあるので、そのブレーカーが落ちていないかどうか確認して下さい。

 エアコン用のブレーカーが落ちていても、他の電化製品には影響がないため見落としがちです。「エアコンが動かなくなって修理を依頼したら、ブレーカーが落ちていただけだった」という話は意外と多いそうです。

対策

 

室外機

 室外機に雪が積もったり埋もれたりしないよう、内部に雪や氷が入り込まないように、雪が予想される場合は予め対策しておきましょう。具体的には

・高置台を使って室外機を高い位置に設置する
・防雪フードを使う

 事が挙げられます。この他、寒冷地用のエアコンを使う、と言う手もありますが、値段が高めです。

、既に雪で埋もれている場合は、その雪を落として、周囲の雪かきもして下さい。高置台や防雪フードもなく、雪が降り続いている状態なら、室外機を何かで覆って室外機に雪が積もらないようにします。ダンボールなどで室外機を覆う人もいるようです。確かに有効な方法ですが、雪の重みで潰れてしまわないように頑丈にしておく必要があります。

 もし放熱フィンが凍り付いていたら、霜取りモードで待つか自然にとけるのを待った方が良さそうです。お湯をかけると故障の原因になるとして、メーカーのサイトでは推奨していません。詳しくは、各メーカーのサイトなども参考にして下さい。

参考:ダイキンFAQ 大雪、積雪、寒波のときの症状
参考:ダイキン大雪の困りごと
参考:三菱電機よくある質問

 ただし、これらの対策で氷や霜を落とせても、気温が低いと時間の問題でまた霜が降りるなどするので、その場合はエアコンを諦めて別の暖房手段を取りましょう。
 

修理

 ブレーカーが落ちていないのに室内機、室外機が動かない場合。またはガスが抜けている、循環していない場合、すぐに修理の依頼をしましょう。
 

清掃

 エアコンは動いているけど、風に勢いがない、暖かくない。と言う時は、フィルターか熱交換器の汚れ。もしくは室外機の前に障害物がある可能性があります。

 フィルターや熱交換器を清掃、出来れば一度業者にエアコンのクリーニングを依頼しましょう。内部精巣のモードが付いているエアコンでも、汚れが酷い場合やカビ臭い場合はクリーニングする必要があります。業者選びはネットで一括見積もりが便利です。

 そして、室外機の前にある雪などの障害物を移動させて下さい。
 

風は暖かい

 最後に、エアコンは動いているし温風も出ているけど、部屋が暖まらない場合の対策です。

・エアコン(室内機)の下に障害物があるため、温風が循環していない。
・エアコンの容量不足。
・窓等から冷気が入り込んでいる。
・湿度が低い。

 事が考えられます。障害物がある場合移動させるか、移動が無理ならサーキュレーターで室内の空気を循環させます。

 エアコンの容量不足(能力に比べて部屋が広すぎる)の場合は、部屋の広さに合ったエアコンに買い換えましょう。また、他の暖房手段と併用する方法もあります。

 アルミのサッシやガラスは熱伝導が高いため、窓からは外の冷気が入り込み、室内の熱が逃げます。長めのカーテンを掛ける、窓ガラスに遮熱シートを貼るなどの対策を取りましょう。

 そして、部屋の湿度です。湿度が下がると体感温度が下がります。加湿器などを使って、室内の湿度を40%~60%に維持しましょう。もっと簡単な方法として、濡れたタオルなどを部屋の中に下げておく、と言うのもあります。

 詳しくは「節電にもなる部屋の防寒対策、窓、床、玄関」をご覧下さい。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります