瓶のラベルやシールの綺麗なはがし方

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

 瓶やガラス製品、陶器などに付いているラベルやシール、剥がそうとして表面だけ剥がれてしまい、粘着部分が残ってしまうことが良くあります。

 特に剥がさないまま時間がたってしまったりすると、粘着部分がガッチリ張り付いてしまい、上手くはがせません。

 値札を剥がしたい、瓶を再利用するのにラベルを剥がしたい。または、ワインやお酒のラベルを集めているので、綺麗に剥がして残したい。そして、地域によってはゴミを出す時、瓶のラベルを剥がしておかないと回収して貰えない所も。

スポンサードリンク

ラベルやシールのはがし方

 剥がれにくいラベルやシールは、硬くなった粘着部分を柔らかくして、隙間を作るようにして剥がすのがコツです。

 では、粘着部分を柔らかくするにはどうしたら良いでしょう?。方法は幾つかありますが、シールの種類によって使い分ける必要があります。

 1.ラベルが紙、粘着剤が水性糊
 最も多いのがこのパターン。茶碗や陶器、調味料の瓶、サプリメントや錠剤薬の瓶は大体これです。

 このパターンのラベルは、一晩水につけることで水性糊が水に溶けて綺麗にはがせます。お湯を使うと更に効果的です。

 2.ラベルが紙、粘着剤がゴム系
 ゴム系の粘着剤は水に溶けません。もし、紙ラベルで一晩水につけてもはがれない場合、粘着剤がゴム系です。

 ゴム系の粘着剤をはがすには、一つは熱です。ゴム系は熱に弱いので、ドライヤーで熱風を吹き付けながら、少しずつはがして下さい。アイロンで熱してはがす手もあります。

 もう一つがベンジン。ベンジンをラベルの上にかけて、しばらくすると粘着剤が溶けて綺麗にはがれます。

 また、シールはがし剤と言うのが市販されています。その名の通り、シールやラベルをはがすための製品で、石油系や柑橘油系のものが販売されています。石油系の製品はかなり臭いがきついようです。

 3.ラベルがアルミ箔、またはラミネート
 このパターンは水もベンジンも浸透しません。アルミ箔ならドライヤーかアイロンで熱して、ラミネートなら少しずつはがしてベンジンかシールはがし剤を。

スポンサードリンク

ワインのラベルのはがし方

 ワインのラベルを保存したい、と言う時、はがす方法は二つ。

 まず、ドライヤーです。熱風で粘着剤を溶かしてはがす方法。

 もう一つが、ラベルコレクターです。ワインのラベルをはがす専用の製品で、これを使うことでラベルの保存が出来ます。

日本酒のラベルのはがし方

 日本酒はラベルが結構頑丈だったりして、シールはがし剤やドライヤーでも上手くはがれない場合があります。その場合有効なのが蒸気。蒸し器を使って、ラベルが瓶から浮いてくるまで蒸気を当て、その後ゆっくりとラベルをはがして下さい。

 そしてもう一つ、日本酒にも専用のラベルコレクターが市販されています。

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA