年末の大掃除、効率的に進めるコツと掃除の順番

LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

oosouji
 年末と言うと、色々とやることがありますが、その一つが大掃除。

 元々は、新しい年に年神様をお迎えするため、家を清めるという目的で12月13日に行われていたものです。今ではそう言った信仰的な部分は薄れて、殆どの人が年末に大掃除をしていると思います。

 しかし、いざ始めようとすると、どこから手をつけて良いやら。そんな人のために、大掃除のコツ、効率的に進める順番をまとめました。

スポンサードリンク

大掃除のコツ

 

順番を決める

 大掃除をするには、闇雲に始めるのではなく、あらかじめ重点的に掃除する場所、掃除する順番を決めておくのがコツです。

 順番を決めず、また順番が良くないと二度手間になったり、途中で断念するようなことになりかねません。
 

数日確保する

 その際、住居の広さにもよりますが、出来れば2~3日大掃除のために確保して、順番に行うのが理想的。ただ、一人暮らしで部屋数も少なければ、1日で十分です。
 

朝から始める

 大掃除は時間がかかりますし、掃除した後に風通しをして乾かさないとカビの原因になります。朝食を済ませたら、すぐに始めましょう。
 

道具を揃えておく

 予め大掃除に使う道具を揃え、1カ所に集めておきましょう。100円ショップには、大掃除に使うと便利な道具が色々ありますので、事前に買い物をしておくと良いでしょう。
 

不要な物は捨てる

 大掃除の機会に、使わない物を処分しましょう。処分のために1日確保して、徹底的に不要な物を洗い出し、それから大掃除に取り掛かるのがお勧めです。

 特に年末最後のごみ回収日に間に合わないと、ゴミを翌年に持ち越すことになるので、不要物の処分は早めに済ませましょう。

 物によっては「売る」事も出来ます。早めに不要な物を選択し、買い取り業者などに依頼しましょう。ネット上で買い取ってくれるサービスもあります。

大掃除の順番

 大掃除のコツは順番を決めること、と書きました。では、どのような順番で進めればいいのでしょうか?。実は、効率的に進めるための順番や、モチベーションを下げないための順番があります。

スポンサードリンク
まず高い所から先に掃除して、その後低い所へ移ります。低い所から掃除をすると、高い所を掃除した時に埃や塵が落ちて、掃除をし直す二度手間になります。

 具体的には、天井や照明器具、家具の上の掃除をして、最後に床や畳に落ちた埃を掃除機で吸い取る、と言う手順になります。

 この時室内にある大きな物、家電や家具等を室外に出しておくと効率が上がります。

 
奥から手前、の順番で掃除をします。この場合奥と言うのは、玄関から遠い場所です。家の奥、玄関から遠い場所から玄関に向かって掃除をするイメージです。
 
最初に狭い場所から始めて、次第に広い場所へ移ります。狭い場所から始めることで、確実に1つの場所を完了させ、モチベーションを上げましょう。いきなり広い場所から入ると、途中で嫌になってそこで終了、となりかねません。
 と言う事で、狭い場所で家の奥にある風呂場やトイレから取りかかり、その後リビングや台所を掃除しましょう。台所の流し周りや換気扇、コンロは使うとすぐに汚れますから、最後にします。

 そして、普段よく使っているけど、掃除をしていない電化製品もこの機会に綺麗にしておきましょう。例えば、エアコン、洗濯機、電子レンジ、パソコンのキーボードなど、普段掃除をしていますか?。これらは使用頻度が高く、汚れが溜まりやすいのです。

 最後の手段として、専門業者に依頼する、と言う手もあります。やっぱり年末は時間がとれない、自分ではとても無理、と言う方は、一度ネットの一括見積もりを利用してみて下さい。

関連記事
洗濯機のカビの原因、掃除方法と予防方法
キーボードの掃除、分解して徹底にやってみた
電子レンジの掃除、簡単にこげやにおいを落とすには
梅雨の時期だじゃない、畳のカビ対策、除去と予防
梅雨だけじゃない、押し入れ、布団、フローリングのカビ対策
一人暮らしは特に注意、部屋の匂い。消臭方法のオススメは?
スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
reddit にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA