初詣の起源は?。神社とお寺どちらへ、いつまでに行く?

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

初詣
 日本人なら誰も一度は初詣に行ったことがあるでしょう。

 でも、不思議に感じたことはないでしょうか?。行く先は神社でも良いし、お寺でも良い。これって仏教の行事なのか、それとも神道の行事なのか。

 そもそも、初詣って、いつ誕生してどんな由来があるのか。何のために初詣をするのか、いつまでが初詣と呼べるのか。まとめました。

スポンサードリンク

初詣とは?

 初詣とは、年が明けてから初めて神社やお寺に参拝し、新しい年の無事と平安等を祈願する行事で、初参(はつまいり)とも呼ばれます。

初詣の起源

 初詣は、「年籠り(としこもり)」と言う習慣にその起源があります。
 

年籠りと恵方詣り

 年籠りとは、家長が祈願のために大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神の社に籠る習慣を言います。これが大晦日の夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」に分かれ、そのうち元日詣が現在の初詣の原型になったのです。

 元日詣はその後、元日にその年の恵方にある神社やお寺に参拝し、その年の幸福を祈願する恵方詣り(えほうまいり 「恵方参り」とも書く)となり、江戸末期まで続きました。
 

鉄道

 それが現在のように大イベントとして定着するようになったのは、鉄道の発達に関係する、と言われています。

 それまで、歩いて行ける身近な寺社で恵方詣りとして行われていた物が、明治時代に鉄道が開通することで、川崎大師や成田山新勝寺など郊外にある有名な寺社へ行楽も兼ねて訪れるようになり、鉄道網の発達に伴って次第に「恵方にある神社やお寺に参拝する」と言う形が崩れていきました。

 遂には参拝客を輸送するために鉄道が開業、競合する鉄道会社の間で参拝客を誘致するための宣伝合戦やサービス合戦が繰り広げられたといいます。

 この頃初めて「初詣」と言う言葉が登場し、大正時代以降は完全に初詣が主流となっていったのです。

神社とお寺、どっちに行く?

 初詣の起源は「大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神の社に籠る習慣」にあると書きました。氏神、と言う事は神道。ならば神社に詣でるのが本来の姿か、と言うと、実はどちらでも構いません。

 と言うのも、明治時代以前は神仏習合と言って、神道も仏教も、そして祖霊信仰までが一体化していたからです。その当時は、神社に仏像が安置されていたこともあったそうです。

 明治時代に神仏分離が行われ、神道と仏教が明確に分けられた後も、神仏習合時代の習慣はいくつも残りました。初詣もその一つです。

スポンサードリンク

初詣はいつまでに行く?

 初詣はいつまでに行けばいいのでしょう?。逆に言えば、いつまでが初詣と呼ばれるのでしょうか?。

 これには明確な決まりはありませんが、一般的には幕の内が明けるまで、つまり1月7日までが多いようです。

 中には1月中、または、「その年に初めて詣るのが初詣で時期は問わない」、と言う意見もあります。

 また、初詣は複数回行っても問題ありません。神社へ行った後お寺へ行って、と言うのもOKです。これは宗派によっても違いますが、西日本の一部では、正月三が日の内に複数の神社に参拝する「三社参り」と言う習慣がある所もあります。

おみくじ

 初詣では、新年の運試しにおみくじを引く人は多いと思いますが、もし凶が出たらどうしていますか?。実は、おみくじは何度引いても良いのです。

 何度も引いて、一番良い物を残し、後は境内におみくじを結ぶ所(大抵おみくじを販売している場所の近く)がありますので、そこに結んでおきましょう。

お賽銭

 初詣でお賽銭は幾らにするのがいいのでしょう?。これも決まりはありません。ただ、語呂合わせで

 5円:御縁がありますように
 10円:縁遠いを連想させる
 15円:十分御縁があるように
 45円:終始御縁があるように

 と言うのがあります。しかし、只の語呂合わせですし、あまり神経質になる必要はありません。

神社関連記事
東京五社とは
意外と知らない神社の参拝作法
神宮、大社、神社の違いと意味とは?

初詣関連記事
川崎大師、初詣の混雑状況と待ち時間は?、駐車場は?
明治神宮の初詣、混雑や人数、待ち時間と混雑を避ける方法
伏見稲荷大社の初詣、待ち時間や混雑回避、駐車場情報
住吉大社の初詣、混雑状況と待ち時間、空いてる時間と駐車場

スポンサードリンク

この記事が役に立ちましたら、1日1回クリックを。
ブログランキング・にほんブログ村へ
または、SNSで共有して頂けると励みになります
LINEで送る
Pocket
Share on reddit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>